放置系人気RPGの続編「Clicker Heroes 2」がF2Pモデルを廃止、有料タイトルとしてプレオーダーを開始

2017年11月20日 17:19 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Clicker Heroes 2」

非常に高い評価を獲得したCookie Clicker系放置RPG“Clicker Heroes”の続編として、今年9月下旬に正式アナウンスが行われた「Clicker Heroes 2」ですが、本作の開発を手掛けるPlaysaurusが新たに公式サイトを更新し、前作が採用していたF2Pモデルの廃止を正式に報告。29.99ドルの有料タイトルとして続編のプレオーダー受付を開始しました。

無料の続編を望んでいたファンに対して、F2Pモデルの採用を見送った経緯について言及したPlaysaurusは、まず道義的な理由を挙げ、ゲームは本質的に中毒性を持つものだと説明。これは悪用さえしなければ決して悪いものではないと語ったPlaysaurusは、初代“Clicker Heroes”を課金の必要なくプレイできるようデザインしたものの(※ 実際にそうなっています)、現在のF2Pゲーミング産業は中毒性の悪用と非難について、犠牲者に目を向けず、自己責任やプレイヤーの自由選択を盾に、その責任を転嫁することで、その行為を合理化しているように見受けられると自身の見解を明らかにしています。

さらにPlaysaurusは、プレイヤーの生活や経験を損なうような選択から金銭を得ることは望んでいないと断言し、初代のビジネスモデルを継続する一方で、適切でないルビーの購入については無制限で返金に応じる旨を強調しています。

一方、ゲームデザインについては、続編のローンチ後に継続的なコンテンツアップデートに取り組み、年に1度か2度、古いセーブデータの互換性が失われる可能性があることを前もって予告した上で、旧バージョンと新バージョンのプレイを任意に選択できる機能やMOD対応の導入を示唆しており、前述した道義的にもデザイン的にも、続編がF2Pモデルに適合していない背景を説明しています。

なお、続編の価格は29.99ドルですが、ローンチから1年は全額返金に対応するとのこと。

参考:9月下旬に公開された“Clicker Heroes 2”のティザートレーラー

“Clicker Heroes 2”は、前作と同じ放置系のネバーエンディングRPGで、多数のヒーローと装備の選択、装備強化、能力の学習、恐ろしいボスとの戦闘、巨大なスキルツリーを備えたレベルアップシステム、日本語を含む全9言語のローカライズを特色としており、2018年の発売を予定しています。

情報元:Clicker Heroes 2

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.