ベルギー政府がヨーロッパ全体を視野に入れた「ルートクレート」の販売禁止に前向きな姿勢を表明、ゲームと賭博の組み合わせは“危険”

2017年11月22日 11:01 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「ルートボックス」

先日、ベルギー政府の賭博委員会が「Star Wars Battlefront II」と「オーバーウォッチ」の2作品について、それぞれのルートクレートがギャンブルに相当するかどうかを見極める調査を開始した話題をご紹介しましたが、新たにベルギーのKoen Geens司法長官が地元TV局“VTM”のインタビューに応じ、今回の調査について言及。ヨーロッパ全体でルートクレートの販売禁止に向けた取り組みを進めるだろうと明らかにしました。

今のところ、どの作品のルートクレートがベルギーの賭博法に触れるのか、詳細は不明ですが、Koen Geens司法長官は、金銭と中毒の組み合わせは賭博であると前置きした上で、ビデオゲームとギャンブルを組み合わせることは、特に若年層と子供のメンタルヘルスにとって危険であると明言。

ただし、禁止に向けた取り組みについては、ヨーロッパ全土でこれを禁止する必要があることから、時間が掛かるだろうと説明しています。

既に、ヨーロッパのレーティングを扱うPEGIは、英賭博委員会の決定に準ずると声明を発表しており、イギリス政府は賭博委員会とビデオ規格委員会、PEGI評議会がレーティング基準の改定を視野に入れた議論を開始したと報告していましたが、ベルギーの表明がヨーロッパ市場の動向にどういった影響を与えるか、イギリスのEU離脱と併せて今後の動向に改めて注目が集まるところです。

情報元:PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.