チート対策や新衣装など、PUBG Corpのボスが「PlayerUnknown’s Battlegrounds」の製品版ローンチとその後に向けた取り組みに言及

2017年12月4日 22:47 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「PlayerUnknown’s Battlegrounds」

砂漠マップのお披露目とXbox Game Preview版のローンチが迫る「PlayerUnknown’s Battlegrounds」ですが、新たにPUBG CorpのCEO Chang Han Kim氏とリードゲームデザイナーJunhyuk Choi氏がG-Starイベントのパネル中に短い質疑応答を実施。そのハイライトをPUBG Corpのコミュニティマネジャーが公式フォーラムを通じて公開しました。

  • チート対策について:Chang Han Kim氏は、チーター問題について謝罪した上で、早期アクセス運用においてチート問題に対して準備不足だったことを事実として認め、出現したチートの種類がPUBG Corpの想定をはるかに上回る規模だったと説明している。現在は専門チームを用意し、チート対策を最優先事項として、問題を解決すべく積極的な取り組みを進めているとのこと。また、氏は対チート対策が無限に続く戦いであることを理解しているとして、今後もフラストレーションのないプレイ環境を構築するために、決して諦めることなく取り組みを継続すると強調している。
  • 開発中の新コンテンツ:現在、砂漠マップの開発と併せて、新武器や衣装、乗り物の開発が進められている。これらについてはリリース前のある時期にサプライズとしてアナウンスされるとのこと。
  • 製品版ローンチ時の改善項目:サーバとクライアントの両方に多くの最適化が実装される。内部テストを通じて既に幾つかの著しい改善を見ており、一部の具体的なディテールは今後のテストサーバ用パッチノートで確認できるとのこと。また、氏はローンチ後も改善を継続すると強調している。
  • さらに、ゲームのUIやロビー、スコアボード等についても改善が進められており、一部がテストサーバに実装されるほか、フレンドの招待や準備済みのインジケーターといったコミュニティ向けの機能がロードマップ上にある。
  • 韓国にカスタマーセンターが設置される予定。
  • 様々な武器の導入がそれぞれに異なる優先度で進められている。この中には、韓国のユーザーから実装を望む声が多く上がっているK2が含まれる。
  • 限定ルートクレートについて:gamescom向けの限定クレートのような新クレートに関する質問に答えたChang Han Kim氏は、今後もゲームプレイに影響を与えるコンテンツをクレートを通じて提供することはないと前置きした上で、現在は製品版ローンチが最優先事項だと説明。クレート用のアイテムについては、製品版のローンチ後に着手するとのこと。
  • 1人用のトレーニングモードについて:PUBGの魅力は、“人生に訓練は存在せず、世界は手強くあるべきだ!”というアプローチにあると語ったChang Han Kim氏は、一方で多くのプレイヤーがチュートリアルや射撃場の導入を求めていると説明。また、PUBG Corpも一部のプレイヤーにとってこういったコンテンツが有用かもしれないと説明している。これについては、製品版ローンチ後に検討を行うとのこと。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその124
「4コマ:千里眼」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.