Edmund McMillen氏が「The End Is Nigh」のPS4対応やXbox One版“Afterbirth+”を含む今年の取り組みに言及、ネコゲー“Mew-Genics”の再始動も

2018年1月10日 18:44 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Mew-Genics」

昨年は「The Binding of Isaac: Afterbirth+」と超高難易度プラットフォーマー「The End Is Nigh」を無事リリースし、次回作「The Legend of Bum-bo」の発売時期も決定するなど、多忙な1年を過ごしたSuper Meat Boyの父Edmund McMillen氏ですが、本日“The Binding of Isaac”の公式サイトに新年最初の質疑応答が掲載され、“The End Is Nigh”のPS4対応や“The Binding of Isaac: Afterbirth+”のXbox One対応、さらに2013年8月にアナウンスされたカオスなネコゲーム“Mew-Genics”の再始動など、今後の取り組みに関する具体的なディテールが明らかになりました。

Super Meat Boy Foreverを含むTeam Meatとの関係やØuroborosのその後を含む最新の進捗は以下からご確認下さい。

参考:2013年にアナウンスされた“Mew-Genics”のティザー映像、遂にネコゲーが再始動を果たす
参考:次回作“The Legend of Bum-bo”のトレーラー、ダンボール風のアートスタイルが印象的
参考:“The End Is Nigh”のSwitchトレーラー、新たにPS4対応が決定した
参考:2016年7月にアナウンスされた“Øuroboros”のプレイ映像、ランダム生成要素を特色としていた
  • Team Meatとの関係について:既にEdmund McMillen氏はTeam Meatの一員ではなく、Tommy Refenes氏とEdmund McMillen氏はそれぞれ別の活動を続けている。同じく“Super Meat Boy Forever”の開発には関与していないものの、Team Meatの成果をとても楽しみにしているとのこと。
  • “Mew-Genics”について:遺伝子操作要素を持つネコ育成ゲーム“Mew-Genics”は2013年8月にアナウンスされ、2016年2月には計画の凍結が報じられ日の目を見ることはなかったが、現在Edmund McMillen氏が(The End Is Nighに続いて)Tyler Glaiel氏と共に“Mew-Genics”のプロトタイプ開発を再開しており、これが上手くいけば、もう一度プロジェクトが再始動する可能性が高いとのこと。ただし、“Mew-Genics”の開発は全てを1からやり直すため、1年から2年近い開発期間が見込まれる予定。
  • “The Legend of Bum-bo”について:現在は専らJames Id氏と共に“The Legend of Bum-bo”の開発を進めている。“The Binding of Isaac”のプリクエル的な扱いの作品となる“The Legend of Bum-bo”は、パズル要素を持つターンベースのローグライクゲームで、2018年内にSteamとiOS、Nintendo Switch向けのリリースを予定しており、今後数ヶ月のうちにトレーラーと続報がアナウンスされるとのこと。
  • “The End is Nigh”について:現在NicalisがPS4版“The End is Nigh”の開発を進めており、その後さらなるコンソールに対応する可能性があるとのこと。
  • “Øuroboros”のその後について:ClosureのプログラマTyler Glaiel氏と共に取り組むプラットフォーマーとして2016年7月にアナウンスされ、同年9月に名称が決定した“Øuroboros”のプロジェクトは、最終的に“The End is Nigh”となった。ただし、ランダム生成シューターの計画が頓挫したわけではなく、現在もプラットフォーミングジャンルについてTyler Glaiel氏と共に考えを巡らせているものの、一先ず計画を再開させる前に“Mew-Genics”を手掛けるとのこと。
  • “The Binding of Isaac”シリーズとDLCについて:現在“The Binding of Isaac: Afterbirth+”のXbox One版開発が進められている。なお、Edmund McMillen氏はシリーズの続編について示唆的な発言をしているだけでなく、“Afterbirth+”が(公言通り)最後のDLCだと強い思っていたと前置きした上で、クールな何かがゆっくりと忍び寄っていると説明している。なお、近く“Afterbirth+”の最終無料コンテンツブースターがリリースされるとのこと。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその123
「4コマ:拾ってすぐ捨てる」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.