噂:サンフランシスコで活動する未発表の2Kスタジオが「BioShock」の新作を開発中か、Kotakuが報告

2018年4月14日 10:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「BioShock」

2014年2月に報じられたIrrational Gamesの大規模レイオフ(※ 実際は解散だったが、新スタジオGhost Story Gamesの存在を隠すためその後3年に渡って名称が用いられた)に伴い、一時は2K Marinがフランチャイズの手綱を握ると報じられた「BioShock」シリーズですが、まったく新しい動きが見られない2K Marinと人気フランチャイズの動向(※ “BioShock: The Collection”はBlind Squirrel Gamesが開発を担当していた)に注目が集まるなか、新たにKotakuが“Mafia III”を生んだ“Hangar 13”の動向を追った特集記事を掲載。この中で、サンフランシスコの極秘スタジオが“BioShock”新作の開発を進めていると報じられ話題となっています。

これは、KotakuのJason Schreier氏が“Hangar 13”に在籍していた開発者達の長期にわたるインタビューを元に報告したもので、“Mafia III”の開発終了を経て、Hangar 13が“Mafia”の続編や新IP開発の模索、チームの分割といった事態に見舞われているあいだ、同じノバートの小規模な2Kグループが“Parkside”と呼ばれるプロジェクトを極秘裏に進めており、これが未発表の“BioShock”新作だったとのこと。

今のところ極秘とされる2Kの新スタジオと“BioShock”新作に関する真偽は不明ながら、Jason Schreier氏は今年2月中旬に報じられた“Hangar 13”のレイオフに伴い、数人の開発者が件の極秘スタジオに参加したと報告しており、今後の動向と確認に注目が集まる状況となっています。

なお、Take-Twoは昨年5月下旬に2019会計年度(2018年4月1日~2019年3月31日)の注目作として、“Red Dead Redemption 2”に加え、2Kが誇る最大フランチャイズの新作が登場すると予告し、“BioShock”か、それとも既に開発中であることが判明している“Borderlands”の新作かと注目を集めていました。

余談ながら、2Kの未発表スタジオについては、予てからカリフォルニアで気になる開発者の雇用や募集が進められており、初期“Assassin’s Creed”シリーズのリードライターを務め、UbisoftのAliceを率いたCorey May氏が2K入りしたものの、所属スタジオが未だ明らかでないほか、BioShock Infiniteの開発に貢献し、Arkane Studiosで新生“Prey”の開発に参加したShawn Elliott氏が2Kに復帰を果たし、未発表新作のコンバットデザインを率いると報じられたものの、こちらも所属スタジオが分からない状況となっていました。

情報元:Game Informer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその129
「4コマ:ずるずる」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.