噂:「Fallout 76」は“Rust”のようなオンラインサバイバルRPGか、Kotakuが未確認情報を掲載

2018年5月31日 9:38 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Fallout 76」

昨晩、24時間のライブ配信を経て、突如正式アナウンスが行われ、世界中のゲーマーをパニックに陥れたBethesda Game Studiosの“Fallout”シリーズ最新作「Fallout 76」ですが、新たにKotakuがプロジェクトを良く知る3人の異なる匿名ソースから最新作の情報を得たとして、未確認のディテールを掲載。最新作がRustやDayZのようなオンラインサバイバルRPGになるのではないかと注目を集めています。

余談ながら、“Fallout 76”の存在や(特にRustクローン的な)オンラインタイトルではないかとの噂は、実のところ昨年12月から4ch経由で浮上しており(参考:2017年12月29日2018年5月12日2018年5月30日)、“76”の名称や発言時期を鑑みるに一連の発言が単なる当てずっぽうな妄想によるものとは思えず、発表前のリークとKotakuの報告内容が合致していることは非常に興味深いと言えます。

Kotakuの報告によると、“Fallout 76”は当初“Fallout 4”のオンラインマルチプレイヤー版としてプロトタイプ開発が始まったもので、数年の開発を経てRustやDayZに強くインスパイアされたスタンドアロンの“Fallout 76”として開発が本格化したとのこと。

また、“Fallout 76”が従来のタイトルに似たクエストやストーリーを持つ一方で、“Fallout 4”に似た建築要素とサバイバルベースのマルチプレイヤー要素を基盤としており、ソースの1人は作品の内容が多くのライブサービスゲームと同じくゲームプレイの内容が急速に変化しつつあると伝えています。

開発については、(The Elder Scrolls V: SkyrimやFallout 4を手掛けた)メリーランドのBethesda Game Studios本社スタジオではなく、2018年3月に統合された元BattleCry Studios、現在の“Bethesda Game Studios Austin”が担当していると報じられており、来る本格的なお披露目に大きな注目が集まる状況となっています。

参考:昨晩お披露目された“Fallout 76”のティザートレーラー

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.