MOD対応やオフラインプレイの有無など、Todd Howard氏が「Fallout 76」の新たなディテールを紹介

2018年6月12日 9:35 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Fallout 76」

先日の本格的なお披露目を経て、多数の新情報が明らかになった「Fallout 76」ですが、本日Todd Howard氏が“YouTube Live at E3”に出演し、“Starfield”や“The Elder Scrolls VI”を含むBethesda Game Studiosの取り組みに加え、未だ多くの謎が残る「Fallout 76」の気になるあれこれについて言及。オフラインモードが存在しないことやMOD対応、NPCの不在、プライベートサーバ等に関する幾つかの興味深い情報を明らかにしました。

参考:Todd Howard氏が出演したYouTube Live at E3のインタビュー
  • (“Fallout 76”はショーケースにおける発言通り常にオンラインで)オフラインモードは存在しない。
  • 予告通りソロプレイは可能だが、他のプレイヤーは目に見えるキャラクターとしてゲーム世界に存在する。
  • “Fallout 76”に登場する人間は全て他のプレイヤーで、ゲーム内に人間のNPCは存在しない。ロボットのNPCやターミナル、ホロテープは存在する。
  • “Fallout 76”はローンチ後にMOD対応を果たす。これに伴いプライベートサーバが導入される予定。シェアードな本サーバにおけるMODの扱いに関する詳細は今のところ不明。
  • “Fallout 76”はBethesda Game Studiosにとって全く新しい試みの作品となることから、ローンチ時の目標として、十分な動作と堅牢なサービスを優先している。ローンチ時のコンテンツを繰り返しエンドゲームとして遊ぶようなことはなく、ローンチ後に長期的なコンテンツの拡張や導入を計画している。(所謂ライブサービス的なアプローチか)
  • PvPについては意図的な嫌がらせを回避するための調整を進めている。
  • 商標登録から5年が経過した“Starfield”は既にプレイアブルな段階で、“The Elder Scrolls VI”については(発表通り)現在プリプロ中。
「Fallout 76」
「Fallout 76」
「Fallout 76」
「Fallout 76」
「Fallout 76」
「Fallout 76」
「Fallout 76」
「Fallout 76」
「Fallout 76」
「Fallout 76」
「Fallout 76」
「Fallout 76」
「Fallout 76」
情報元及びイメージ:Polygon, The Tech Game

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその134
「4コマ:バグって掘れない」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.