ディストピアと化した2048年のベルリンとトランスヒューマニズムを描くSci-Fiアドベンチャー「State of Mind」のローンチトレーラーが公開

2018年8月15日 23:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「State of Mind」

Daedalic Entertainmentが開発を手掛ける独創的なSci-Fiアドベンチャーとして、2016年6月にアナウンスされた「State of Mind」ですが、8月15日の海外ローンチがいよいよ目前に迫るなか、Daedalic Entertainmentが現在と地続きの決して絵空事ではないディストピアを描く不気味なローンチトレーラーを公開しました。

“State of Mind”の実写ローンチトレーラー
参考:7月にお披露目された“State of Mind”のストーリートレーラー

■ このゲームについて

心と機械が一つになった時 – そこに人間性は残されるだろうか?

2048年、ベルリン– 世界が危機に瀕しています。資源の枯渇、空気汚染と水質汚染によって引き起こされた病の蔓延、犯罪、戦争。政府と企業は、技術の発展を利用した解決策を練り出します。ドローンとヒューマノイドロボットが人間の代わりに公的部門を運営し、全てが相互に連結されており、常にあらゆる場所が偵察されています。

リチャード・ノーランは、この技術発展を公に批判している数少ないジャーナリストの一人です。 爆発の後、リチャードは病床で目を覚まし、妻と息子が謎の失踪を遂げたことを知ります。そして、家族と自分自身が、ディストピアの現実とデジタルのユートピアの狭間で、人類救済への考えを絶え間なく揺るがす嵐の中で、傍観者以上になったことに気付きます。まさに嵐の目の中にいるのです。

ある家族の物語が、人類の運命を左右する世界的な陰謀に関するスリラーに発展していきます:完全なデジタルのユートピアは果たして正解なのでしょうか?物質的な需要と争いの影響を受けない仮想世界の楽園は存在するでしょうか?人工知能は私たちの救世主となるでしょうか?それとも、善意の価値を教えられなかった私たちは、取るに足らないものとみなされてしまうでしょうか

この嵐の後、世界はどのような変貌を遂げているでしょうか?また、世界に人間性はどれくらい残されているでしょうか?

  • 近未来の超現実的なビジョンをご堪能ください
  • ディストピアの現実とデジタルの世界のユートピアが絡み合った、重厚なSFスリラーの世界に踏み込みましょう
  • 遍在するデジタリズム、監視、トランスヒューマニズムの世界で、世界的な陰謀を暴きましょう
  • ローポリゴン風のキャラクターが登場する、重厚な独自のビジュアルスタイルで現実的な環境を描いた世界を探索しましょう
  • ジャーナリスト、リチャード・ノーランの視点となってゲームを進めますが、ほかにも5人のキャラクターを操作できます
  • 器用さを駆使し、推論と研究を重ねてリチャードの過去を再構築しましょう
情報元及びイメージ:Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.