8bitと16bit世界を行き来する忍者アクション「The Messenger」の日本語版がNintendo SwitchとPC向けに発売

2018年8月30日 10:14 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Messenger」

先日、“忍者龍剣伝”シリーズのプロデューサー兼ディレクター吉沢秀雄氏と初代のサウンドを担当した作曲家山岸継司氏が出演する素敵なコメンタリ映像が公開されたSabotageの新作プラットフォーマー「The Messenger」ですが、本日予定通り日本語Nintendo Switch版とPC版の販売が開始され、リリースの窓口を担当した架け橋ゲームズが作品の概要を分かりやすくまとめたプレスリリースを発行しました。

日本語版のゲームプレイトレーラーを含む最新のリリース情報は以下からご確認ください。

クラシックとモダンが融合した衝撃の忍者アクション一族の存亡をかけた巻物を送り届ける悲願の旅に挑め!『The Messenger』Nintendo Switch™ / STEAM(PC)版リリースのお知らせ

本日、Devolver Digital は8bit と16bit の世界をリアルタイムで行き来しながら敵を倒し進む忍者アクション『The Messenger』(開発:Sabotage Studio)を Nintendo Switch™にてリリースいたします。また、STEAM(PC)版に関しましては、31日未明のリリースを予定しております。本作は、5月の【BitSummit Vol.6】でのブース出展以来、インディーゲームファンに待望された注目作品です。

『忍者龍剣伝』シリーズに強烈にインスパイアを受け制作された本作ですが、先日公開されたプレイ動画では、当時の開発ディレクターでありプロデューサーの吉沢秀雄氏と、サウンド担当である山岸継司氏がご出演。お二方もその完成とリリースを心待ちにされている一作をぜひご堪能ください!

『The Messenger』とは

『The Messenger』は懐かしさを感じるゲームプレイと現代の最新要素をミックスした新感覚2D 忍者アクション。

ある日、人類最後の生き残りが暮らす村が魔物の軍団に突然襲われる。その災いに備え、日々鍛錬していたはずの村の忍者たちは敗北…。唯一生き残ったのは、若き忍者ひとり…。彼は一族の存亡がかかった巻物を氷河山の頂で待つ三賢者へと届ける「使者(The Messenger)」として選ばれる。

全ての運命は彼に託された!

「The Messenger」
「The Messenger」

ユーモアにあふれたコミュニケーションを取ってくる不思議な人物から、さまざまな新しい忍術を学んで冒険を進めていこう。壁に貼りつくことのできる”手鉤”、空中を滑空できる”凧布”…さらに、彼は時空をも越える力を手に入れる。

8bit と16bit の世界を行き来しながら呪われし土地を探索しよう。

「The Messenger」
「The Messenger」
「The Messenger」
「The Messenger」
  • 壮大な冒険に相応しいダイナミックでアクロバティックなゲームプレイと非常に繊細な操作性
  • 細部までデザインされた8bit と16bit のオブジェクトとアニメーション、そして、クラシックなゲームの精神が宿る背景グラフィック
  • 忘れられないほどユニークな仲間や魔物たちとのジョークにあふれたコミュニケーション
  • Famitracker を使ったチップチューントラックメイカーRainbowdragoneyes によるオリジナルサウンドトラック

『The Messenger』詳細

【パブリッシャー】Devolver Digital について

世界中のインディーゲームファンから熱い信頼と注目を集める Devolver Digital。『Hatoful Boyfriend』『RUINER』『Absolver』『Hotline Miami』シリーズに『The Red Strings Club』『Crossing Souls』『Minit』など、個性的で良質なデジタルコンテンツを配信しているゲームパブリッシャーです。作品を探し求め、世の中に伝え広め、公正な価格帯を提示し環境を整えることで、世界中のアーティストとそのファンをサポートし続けています。

公式サイト:http://www.devolverdigital.com/

【開発スタジオ】Sabotage Studio について

Sabotage Studio はケベック(カナダ)に拠点をおく、レトロなアートワークと最新のゲームデザインを融合させることに特化したインディーゲーム開発スタジオ。2016年4月にベテラン開発者の Thierry Boulanger と Martin Brouard により設立され、彼らをリーダーに友人や元同僚などとともにオリジナル IP のタイトルを開発しています。『The Messenger』がすでにゲームとして多くの受賞を獲得する他、事業としてもスタートアップに大きな評価を得るなど、大注目の開発スタジオです。

公式サイト:http://sabotagestudio.com/

【本ゲームの日本語版 窓口担当】架け橋ゲームズについて

架け橋ゲームズは「日本と海外の架け橋」となるべく、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズやリリース支援を行っているプロフェッショナル集団です。

2013年の設立以来、日本市場に送り出したゲームはすでに『Overcooked®』シリーズ『Salt and Sanctuary』『Owlboy』『RUINER』『Yooka-Laylee(ユーカレイリー)』『Hollow Knight (ホロウナイト)』『Dead Cells』など100以上のタイトルをサポートしてきました。

架け橋ゲームズは Devolver Digital の日本国内およびアジアの公式窓口です。

公式ホームページ:www.kakehashigames.com
Twitter アカウント:@kakehashigames

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.