Chucklefishが新作ストラテジー「Wargroove」の発売を2019年Q1に延期、最新の進捗とコンテンツのラインアップも

2018年10月22日 23:31 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Wargroove」

人気Sci-FiサンドボックスアドベンチャーStarboundを生んだ“Chucklefish”が、魔法学園RPGシム“Witchbrook”と平行して開発を進めている期待の新作ストラテジー「Wargroove」ですが、新たにChucklefishが本作の開発Blogを更新し、2018年の後半を予定していた本作の発売延期を報告。新たに2019年Q1の発売を予定していることが明らかになりました。

また、新要素やキャラクターを紹介する可愛い報告映像が公開されたほか、最新の進捗とコンテンツのラインアップが報じられています。

延期と新要素の概要、新ユニットの可愛いわんこ“Caesar”を紹介する進捗報告映像
  • スカーミッシュモード:30種を超える2人プレイヤー用PvPマップ、10種を超える3人プレイヤー用PvPマップ、6種以上の4人プレイヤー用PvPマップ。このほか、幾つかのシナリオマップが実装される可能性あり。本モードは、オフラインとオンラインに加え、幾つかの設定でプレイ可能な対CPU戦が利用可能。天候やターンタイマー、戦場の霧、収入、マップのバイオーム、コマンダー、チームの設定を変更可能。オンラインマッチは同期、または非同期でプレイできるほか、一度に複数のマッチが利用可能。
  • アーケードモード:各コマンダーが5人の敵と連続、もしくはランダムに戦うPvPマップ。開始時と終了時に各キャラクターが敵と会話し、アーケードモードを完了した際にはカットシーンが用意される。
  • キャンペーンモード:複数の異なるコマンダーでプレイ可能な33以上のミッションを持つキャンペーン。各ミッションの開始と終了時にカットシーンが用意されるほか、ミッション中のカットシーンも幾つか存在する。カットシーンは合計1時間から1時間半規模。
  • パズルモード:25種を超えるエクストリームなチャレンジパズル。
  • マップ作成:使いやすい基本ツールとマップペイント機能。スクリプトツールに加え、カットシーンの作成機能を含む。
  • キャンペーン作成:3種用意されたワールドマップから1つを選択し、マップへのミッション配置やアイコン/データ/ロケーション/デスクリプションの割り当てが可能。
  • コンテンツシェア:マップとキャンペーンの共有機能。マップの評価機能や検索用のフィルタを含む。マップを発見するために複数の方法が用意される。
  • ギャラリー:ゲーム開発時のアートワークがアンロック可能。
  • コデックス:ゲーム世界の歴史や全コマンダーの出自、戦術情報、ルール、Groove(ユニット)達のアートワーク、アンロック可能なダメージチャート等。
  • ジュークボックス:楽曲トラックがアンロック可能。
  • シークレットコンテンツ:何やらオールドスクールなゲームスタイルを含む秘密のコンテンツが用意されている。
  • オプション:言語や戦闘アニメーションの再生頻度、グリッド表示、自動ターン終了、ズームレベル、解像度、複数のボリュームコントロール、色覚障害モード、ゲームパッドの振動機能といった要素が変更可能。
情報元:Gematsu, Wargroove

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.