スクウェア・エニックスの「アベンジャーズ」プロジェクトは年末の“TGA 2018”にてお披露目か、現段階で判明している情報まとめ

2018年11月12日 12:07 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Avengers」

2017年1月下旬に複数年に及ぶ複数タイトルの計画を視野に入れたスクウェア・エニックスとMarvel Gamesの新プロジェクトとしてアナウンスされ、Tomb Raiderの“Crystal Dynamics”と新生Deus Exの“Eidos-Montréal”が共同で開発を手掛けることが判明した「The Avengers」(アベンジャーズ)プロジェクトですが、新たにCrystal Dynamicsの公式サイトに掲載された本プロジェクトのページが更新されたとして、ファンコミュニティを中心に近く何らかの続報が浮上するのではないかと注目を集めています。

これは、前述の掲載とページ更新が話題の発端となったものですが、実のところ件の公式ページは今年の2月中旬から存在しているほか、掲載されている文言も昨年1月末に発行されたプレスリリースと全く同一のものであり、残念ながら新しい情報は存在していません。

という事で、海外コミュニティや一部メディアの話題とはやや主旨が異なるものの、期待の“アベンジャーズ”プロジェクトに関する動きがあるかもしれないという憶測については、全くありえないという状況ではないため、今回はこの機会に一度これまでの情報をまとめておきたいと思います。

まず、2017年1月下旬の正式アナウンス時(参考:過去記事)に、本プロジェクトの続報と新作のアナウンスは2018年内に行われる予定だと報じられていました。今のところ、この発表に関する変更は報じられておらず、これが予定通りに行われるとすれば、既に11月中旬に差し掛かっている現状を鑑みると、“アベンジャーズ”級のお披露目を行う場は、もはや年末恒例の大規模イベント“TGA 2018”しか残されていないようにも感じられます。

参考:“REASSENMBLE”を掲げたアベンジャーズプロジェクトののティザー映像
壊れたブルース・バナーの眼鏡や、リパルサー、キャップの盾、主を失ったムジョルニアが確認できる

なお、“アベンジャーズ”プロジェクトはCrystal Dynamicsが開発をリードしており、本プロジェクトの発表以降、虎の子である新生Tomb Raiderトリロジーの最終章“Shadow of the Tomb Raider”をEidos-Montréalに託し、スタジオの大幅な拡張と雇用を粛々と進めていました。

プロジェクトの発表から1ヶ月後には、従来から2倍の広さを誇るCrystal Dynamicsの新スタジオ設立と移転が報じられ、オーディオルームの拡張に加え、フォトグラメトリー用の撮影スペースや本格的なモーションキャプチャーステージの新設が報じられたほか、今年8月にはワシントン州ベルビューに新たなサテライトスタジオ“Crystal Northwest”をオープン。かつてGas Powered GamesやWargaming.netで活躍したベテランChad Queen氏とJames Loe氏が新スタジオを率いることが報じられていました。

一方で、雇用については、Naughty Dogで“Uncharted: The Lost Legacy”(アンチャーテッド 古代神の秘宝)のクリエイティブディレクター兼ライターを務めたベテランShaun Escayg氏がCrystal Dynamics入りを果たし、プロジェクトのクリエイティブディレクター兼ライターに就任したほか、Redwood Shores時代から長年に渡ってVisceral Gamesを支えたベテランStephen Barry氏、新生“God of War”のリードシステムデザイナーを務めたVincent Napoli氏、Dead Spaceフランチャイズを生んだ中心人物の1人であるベテランBen Wanat氏、343 Industriesの製作総指揮兼デザインディレクターとして活躍した元RavenのDavid Fifield氏といった著名な開発者の雇用が報じられ、水面下で進められている“アベンジャーズ”プロジェクトの動向に注目が集まる状況となっていました。

発表から2年近く沈黙を続けている“アベンジャーズ”プロジェクトですが、当初のアナウンス通り2018年内の続報解禁が現実のものとなるか、年末に動きに改めて大きな期待が掛かるところです。

Marvel GamesのBecka McIntosh女史が、何やら新作のとんでもない何かを見たと伝えている
Marvel GamesのプロデューサーEric Monacelli氏も驚くべきことがあったと伝え、お披露目が待ちきれないと発言している

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.