発売が迫る「Fallout 76」のサーバ運用は永久に続く、Pete Hines氏が改めて強調

2018年11月5日 16:40 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Fallout 76」

本日、B.E.T.A.の最終セッションがアナウンスされ、ローンチに向けて世界中で大きな盛り上がりを見せている人気シリーズ最新作「Fallout 76」ですが、Bethesda Game Studios初の取り組み(主な開発はBethesda Game Studios Austin、旧BattleCry Studios)となる野心作の今後に大きな注目が集まるなか、Pete Hines氏が再び本作の運用期間について言及し、永久に“Fallout 76”のサーバを継続させると改めて強調しました。(参考:過去記事

これは、GameSpotのインタビューに応じたPete Hines氏が明らかにしたもので、氏は“永久に”という以外に答える方法を知らないと語り、そもそも運が良ければ10年続けようといった考えでゲームを作ることはないと断言。14年に渡って運用が続く“World of Warcraft”が、閉鎖に向けた計画を進めているような気配がないことを引き合いに出し、プレイヤーが遊び続ける限り運用を継続するだけでなく、ローンチ後に様々な計画が控えていることを強調しています。

前回の発言時にもご紹介しましたが、“Fallout 76”の永続的な運用には、(PC版はともかくとして)コンソールの世代に関する問題が内在していると言えます。10年後、20年後に存在しているであろう新しい世代のコンソールやクラウドで問題なく“Fallout 76”を遊ぶことができるのか、そう遠くない世代間移行の問題にBethesdaがどういった対応を見せるか、今後の運用と取り組みに大きな期待が掛かるところです。

参考:先日公開された“Fallout 76”の実写トレーラー
情報元及びイメージ:GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.