BioShockとSystem Shock 2にインスパイアされた戦略シューター「Void Bastards」がアナウンス、開発は“Card Hunter”のBlue Manchu

2018年11月12日 18:15 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Void Bastards」

昨日メキシコシティで開催されたX018イベントにて、Irrational Gamesの開発者達が多数在籍する“Blue Manchu”の独創的な新作「Void Bastards」がアナウンスされ、TRPG的な傑作カードゲーム“Card Hunter”を生んだチームがBioShockとSystem Shock 2にインスパイアされた一人称視点の戦略シューターを手掛けていることが明らかになりました。

Xbox OneとPC向けの新作となる“Void Bastards”は、舞台となる星域“Sargasso Nebula”で遺棄された宇宙船を漁る寄せ集めのスカベンジャー部隊を描く自由度の高いサンドボックス的な戦略シューターで、セルシェーディングを用いたコミック風のアートスタイルや多彩なガジェット、およそ12~15時間規模のキャンペーン、死亡しても無尽蔵に供給され、それぞれに固有の特性を持つプレイアブルな囚人達といった要素を特色としており、2019年の発売を予定しています。(発売と同時にXbox Game Pass入り)

余談ながら、本作の開発を手掛ける“Blue Manchu”は、かつてIrrational Gamesの共同設立者としてSystem Shock 2やFreedom Force、BioShockの開発を率いたLooking Glass出身のベテランJonathan Chey氏が設立したスタジオで、元Irrational GamesのJarrad “Farbs” Woods氏やBen Lee氏、Joe McDonagh氏、そしてLooking GlassとIrrationalで活躍したベテランJoe McDonagh氏といった著名な開発者達が在籍しており、高い評価を獲得した“Card Hunter”の開発時には、マジック:ザ・ギャザリングやデュエル・マスターズを生んだリチャード・ガーフィールド氏の協力を得て大きな話題となっていました。

「Void Bastards」
「Void Bastards」
「Void Bastards」
「Void Bastards」
「Void Bastards」
「Void Bastards」
「Void Bastards」
情報元及びイメージ:Steam, Void Bastards

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.