気候変動や世界会議を導入する「シヴィライゼーション VI」の第2弾拡張パック“嵐の訪れ”が正式アナウンス、発売は2019年2月14日

2018年11月21日 3:27 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Sid Meier’s Civilization VI」

昨日、突如放送が開始されたFiraxis Gamesのライブ配信ですが、先ほど遂にカウントダウンが終了し、Firaxisを率いるお馴染みシド・マイヤー氏が放送に登場。人気シリーズ最新作「シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI」の第2弾拡張パックとなる“嵐の訪れ”(Gathering Storm)を正式にアナウンスし、事前情報通り2019年2月14日の発売を予定していることが明らかになりました。

“嵐の訪れ”は、外交勝利を含む待望の世界会議をはじめ、竜巻やハリケーン、河川の氾濫を含む自然の猛威、新たなリソースとなる“電力”、新区域“運河”と土木関連のアップグレード、9人の指導者と8種の新文明といった要素を特色としており、日本語字幕入りのアナウンストレーラーが登場しています。

■ “嵐の訪れ”の主な新要素

『シヴィライゼーション VI』の拡張パック第2弾となる「嵐の訪れ」では、あなたの国家を取り巻く世界がこれまで以上に変動します。

高度な新技術を開発し、工学プロジェクトを手がけ、世界会議で他の文明と高度な問題について話し合いながら、勝利への道筋を描きましょう。

ゲーム内の選択は世界のエコシステムに影響を与え、惑星全体の未来にも影響を与えます。水害、嵐、火山などの自然災害は、せっかく築いた施設や区域を略奪された状態に変え、時には完全に破壊してしまいます。非常に厄介ですが、土地が豊かになるという副産物がもたされることもあります。

新しいシステムに加えて、『シヴィライゼーション VI 嵐の訪れ』には8つの文明と9人の指導者が新登場します。他にも7つの世界遺産やバラエティ豊かなユニット、区域、建造物、施設が新たに加わります。

  • 環境の影響:火山、嵐 (ブリザード、砂嵐、竜巻、ハリケーン)、気候変動、水害、干ばつ。
  • 電力と枯渇性資源:「嵐の訪れ」では、戦略資源に新たな役割が与えられています。こうした資源の一部は、発電所で消費されて都市に必要な電力を生むようになりました。初期は石炭や石油といった炭素資源を燃やす方法しかありませんが、技術の研究が進むにつれて、再生可能エネルギーを用いた発電も行えるようになります。資源利用に関する選択は、世界の気温に直接関わります。気温上昇が進むと、極地の氷が溶け、海水位が上昇することもあるので気をつけましょう。
  • 工学プロジェクト:運河、ダム、トンネル、鉄道などの施設を作って帝国の周囲の世界を成形し、厳しい条件を克服しましょう。新たに都市を築く際は、沿岸の低地タイルが抱えているこうしたリスクも考慮するべきです。原子力時代以降は、防波堤を使ってこうしたタイルを守れます。
  • 世界会議:世界の他の指導者たちに意見を伝えられます。同盟を結び、都市国家に働きかけ、世界大会に参加すると、「外交的支持」というポイントを得られます。これを使って他の指導者から約束を取り付け、「決議」に投票し、「特別会合」を開いて緊急事態に立ち向かい、世界会議の投票で1票の重みを高めることができます。培った外交的支持をうまく利用して、新たな「外交による勝利」を達成しましょう。
  • 21世紀の技術と社会制度: 技術ツリーと社会制度ツリーに新たな時代が追加されました。海上都市への移住や二酸化炭素を固定する技術の開発など、時に斬新、時に空想的なアイデアを駆使して環境の影響と戦いましょう。
  • 新たな指導者と文明: 9人の指導者が率いる8つの文明が新たに登場。それぞれに固有のボーナスが備わっており、個性的なゲームプレイを楽しめます。9つの固有ユニット、4つの固有建造物、2つの固有区域、固有の総督1名も合わせて用意されています。
  • 新シナリオ
    • 黒い死神:黒死病は14世紀中ごろにヨーロッパと西アジアで猛威をふるい、世界史上類を見ない被害をもたらした。犠牲者の数は数百万人に達し、経済は破綻。いくつもの王朝が倒れ、西方世界の様相は一変した… この未曾有の災厄の中、国を導くことがあなたに課せられた使命です。恐怖と絶望が支配する世界で、人口の減少を抑え、強い経済を維持し、揺らぐことのない信仰を確立してください。
    • 機械化戦争:第一次世界大戦が幕を開けて間もない頃、ドイツ帝国軍が大胆な計画を実行に移そうとしていました。その計画とは中立国ベルギーに侵攻し、本格的な抵抗の前にフランスの中心地を制圧しようというものです。成功すればドイツ軍は1ヶ月以内にパリを掌握し、フランスの抵抗を永遠に終わらせられるでしょう。対するフランス軍はプラン17という総力戦でドイツ軍の侵攻を阻止する構えでした。戦いの火蓋が切って落とされると、両軍はただちに行動を起こし、世界の歴史においても稀に見る、衝撃的な激戦が開始されました。このマルチプレイヤーシナリオでは、正反対の立場で臨む2つの大国のいずれかを選んで戦います。ドイツを選ぶとパリの制圧が目的となり、フランスを選んだ場合はドイツの侵攻を防ぐことが目的となります。時は刻一刻と流れ、敵は着実に迫ってきます。前進の号令を!
  • 新たなコンテンツの追加:7つの世界遺産、7つの自然遺産、18の新ユニット、15の新施設、9つの建造物、5つの区域、2つの都市セット、9つの技術と10の社会制度が新たに追加されました。
  • ゲームシステムの改善:スパイ活動システムが新たなオプションで強化されました。文化による勝利と科学による勝利がアップデートされ、新たな歴史的瞬間が登場しています。他の既存システムにも、新たな改善が加えられました。
「Sid Meier’s Civilization VI」
「Sid Meier’s Civilization VI」
「Sid Meier’s Civilization VI」
「Sid Meier’s Civilization VI」
情報元及びイメージ:Civilization

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.