2KがNintendo Switch向けのパッケージ版「シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI」の発売記念ファンイベントをレポート

2018年12月12日 23:48 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Sid Meier’s Civilization VI」

先日、国内Nintendo Switch向けのパッケージ版ローンチを果たした「シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI」ですが、新たに2Kが東京・池袋の“THEATER CAFE & DINING STORIA”にて、ゲーム好きでも知られる人気お笑い芸人のしずるとスリムクラブをゲストに迎えたパッケージ版の発売記念ファンイベントを開催し、イベントの模様を伝えるプレスリリースを発行しました。

参考:先日公開されたNintendo Switch版のゲームプレイトレーラー

しずるとスリムクラブが“一国の主”として大奮闘!?シリーズ 4,700 万以上の売り上げを誇る人気シリーズ最新作『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』大ヒット発売記念イベントレポート

「Sid Meier’s Civilization VI」

全世界でシリーズ累計4,700万本以上を売り上げる『シヴィライゼーション』シリーズの最新作がいよいよNintendo Switch™で発売!

12月12日(水)2Kは池袋STORIAにて、シリーズ累計4,700万本以上の売り上げを記録している「シドマイヤーズシヴィライゼーション」の最新作『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』の発売記念イベントを開催しました。本作はタイトルの通り「シヴィライゼーション=文明」をモチーフとした戦略ゲームで、石器時代ら22世紀までの時代の中で、文明を開花させ、帝国を築き、覇権を取ることが目的のゲームです。この唯一無二のゲームデザインは世界中の多くのゲームユーザーに受け入れられており、様々な機種でリリース。ゲームプラットフォーム「Steam」での累計プレイ時間は10億時間を超えるなど、非常に愛されているシリーズです。

まずイベントに登壇したしずるの池田さんは「本当にゲームが好きでいつもゲームをプレイしています」とコメント、そのゲーム好きは自他共に認めるほどで、相方の村上さんからは「翌日に単独ライブがあるにも関わらずネタを作らずに夜中までゲームをやってるんですよ」というコメントが飛び出しました。もう一組のゲストであるスリムクラブの真栄田さんからは「スリムクラブの指導者として内間くんを指導しています」と指導者にかけて観客を引き込むと、相方の内間さんからは「指導を受けながら労働者として国を作ってきました」と息の合ったコメントで会場からは大きな笑いが起きました。

ゲーム好きの池田さんと真栄田さんの熱いゲームトークが飛び出して会場は大盛り上がり!

二部構成で行われた本イベント。まずはしずる、スリムクラブによるトークショーが実施されました。ゲーム好きのしずるの池田さんと、スリムクラブの真栄田さんは普段からゲームの話題で盛り上がっているそう。「普段どんなゲームをプレイされているんですか?」と聞かれた池田さんはコアなタイトルが次々と挙がり、会場もそのコアぶりに感心した様子。

また真栄田さんも海外からゲームを輸入してプレイするほどの熱狂的なゲーマーで、レトロゲームも含めてすべてのゲームハードをプレイできる環境を持っているという驚きのコメントや、子供の頃に沖縄で行なわれたゲームの大会に出場したものの芳しくない結果を残し落ち込んでいたところ、高橋名人にそっと帰宅を促されたというエピソードも飛び出し、会場の爆笑を誘っていました。

「Sid Meier’s Civilization VI」
「Sid Meier’s Civilization VI」

一国の主となって相手を出し抜け!Nintendo Switch™で4人対戦!

後半はいよいよ実機を使用したゲームプレイのコーナーへ。2組は4人に分かれて、徳岡氏のサポートを受けながら対戦プレイのデモンストレーションを行いました。好きな指導者を選択し、自分の文明を育成し、国力を上げ、目標を達成することが勝者になるための道筋の本作。しずるの池田さんは中国の「始皇帝」、村上さんはエジプト「クレオパトラ」、真栄田さんは日本の「北条時宗」、内間さんはインドの「ガンジー」をセレクト。指導者毎に文明の特徴が異なるのが本作の魅力で「始皇帝」は「万里の長城」という建物が早く作れることや、「ガンジー」は象の軍隊が作れることが徳岡氏から紹介されると、「作ってみたい!」と大興奮。さらにゲームをプレイした後も、真栄田さんが最初に作った都市が日本の「京都」であることに驚いたり、内間さんは自分の文明を築く前に他文明と接触するなど、「シド星」という架空の星を舞台にしたIfの歴史に大興奮の様子でした。

「Sid Meier’s Civilization VI」
「Sid Meier’s Civilization VI」

短時間でも熱中&満足の対戦プレイも楽しめる本作の魅力!

短時間ながらもツッコみながらワイワイと対戦プレイを楽しんだ4人。事前に本作をプレイしていたしずるの池田さんは「自分で『ダイナミック』という宗教を作ったのですが、広まっていくと宗教戦争をしたりと別の戦い方など色んな戦い方ができるので楽しんでください」と 村上さんからは「ツッコミどころが多くて楽しめるゲームだなと思いました。ゲームに詳しくないですがやってみたいです」とお笑い芸人らしい視点からコメントをしました。スリムクラブの真栄田さんからは「4人でワーワー言いながらプレイするのは楽しいですね、じっくりとやりこみたいです」とゲーマー魂を燃やし、内間さんは「次もガンジーでプレイして象の軍隊に会いたいですね」と感想を述べ、しずる・スリムクラブの両コンビ共、本作の魅力にとりつかれた様子です。

ワイワイとした対戦コーナーのあとは、来場者と本作のプレゼントをかけたシヴィライゼーションクイズ大会が開催。コアな問題や少し意地悪な問題もありましたが、全問正解した強者もいて発売したばかりの本ソフトが賞品としてプレゼントしました。会場ではフリープレイも用意されており、和気藹々としたムードの中、イベントは終了しました。

「Sid Meier’s Civilization VI」
「Sid Meier’s Civilization VI」
  • 『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』
  • 発売中(2018 年 12 月 6 日(木)発売)
  • 価格:6,300 円(税別)
  • 『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』公式サイト(海外サイト日本語ページ):https://civilization.com/ja-JP/

権利表記

©2016 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries. Sid Meier’s Civilization, Civilization, Civ, 2K, Firaxis Games, Take-Two Interactive Software and their respective logos are all trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. All other marks and trademarks are the property of their respective owners. All rights reserved.

情報元及びイメージ:, Civilization

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.