「シヴィライゼーション VI 嵐の訪れ」

4年目の運用を迎える「Rainbow Six Siege」のエディションと価格改定がアナウンス、3年間の展開を振り返る新トレーラーも

2019年2月13日 10:58 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Rainbow Six Siege」

先日、Year4シーズン1“Operation Burnt Horizon”の新マップを紹介する初の映像がお披露目された「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」(レインボーシックス シージ)ですが、遂に始動する4年目の運用に先駆けてUbisoftが本作のエディションと価格の改定をアナウンスし、各エディションに同梱されるコンテンツと値下げ後の価格が明らかになりました。

また、新エディションの発売と価格改定に併せて、製品版のローンチから昨年12月の“Operation Wind Bastion”へと至る多彩な拡張とプレイヤー数の推移、そして豪SASRのオペレーターがちらりと姿を見せ4年目の始動を告げるYear 4の素敵なお祝いトレーラーが登場しています。

Year 4の始動に伴う新エディションと価格

  • Tom Clancy’s Rainbow Six Siege(19.99ドル/19.99ユーロ):従来のPC向け“Starter Edition”を置きかえる新エディション。プログレッションシステムが見直され、従来の“Starter Edition”購入者は自動的に新エディションにアップグレードされる。
  • Tom Clancy’s Rainbow Six Siege Deluxe Edition(PC 29.99ドル、コンソール 39.99ドル):ベースゲームとYear 1パスを同梱。
  • Tom Clancy’s Rainbow Six Siege Gold Edition(PC 59.99ドル、コンソール 69.99ドル):ベースゲームとYear 1パス、Year 4パスを同梱。
  • Tom Clancy’s Rainbow Six Siege Ultimate Edition(PC 99.99ドル、コンソール 109.99ドル):従来の“Complete Edition”を置きかえる新エディション。ベースゲームとYear 1パス、Year 2パス、Year 3パス、Year 4パスを同梱。
「Rainbow Six Siege」
「Rainbow Six Siege」
情報元及びイメージ:PCGamesN, Destructoid, Ubisoft, Ubisoft, Ubisoft

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.