ボーダーランズ3
ボーダーランズ3

人気サイバーパンクアドベンチャーの続編「Technobabylon: Birthright」が正式アナウンス、名門Wadjet Eye初の3Dゲームに

2019年2月19日 16:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Technobabylon: Birthright」

昨年8月にスタジオの集大成とも言える傑作アドベンチャー“Unavowed”をリリースしたWadjet Eye Gamesですが、Dave Gilbert氏の次回作とパブリッシング作品の動向に期待が掛かるなか、新たにWadjet Eyeが2015年に発売された人気サイバーパンクアドベンチャー“Technobabylon”の続編「Technobabylon: Birthright」を正式にアナウンス。スタジオ初の3Dタイトルとして、Technocrat Gamesが開発を進めていることが明らかになりました。

今のところ、“Technobabylon: Birthright”の詳細は不明ですが、公開された数枚のスクリーンショットにはLathaらしきCELエージェントの姿が確認できるほか、初代がクリフハンガーで終えた件もあり、3D化に伴う新要素と併せて来る続報に大きな期待が掛かるところです。

なお、“Technobabylon: Birthright”の開発はオリジナルに続いてTechnocrat Gamesが担当するほか、UnavowedやBlackwellシリーズを含むDave Gilbert氏の作品やTechnobabylonでも活躍したBen Chandler氏がアーティストとして参加しているとのこと。

「Technobabylon: Birthright」
「Technobabylon: Birthright」
「Technobabylon: Birthright」
参考:前作“Technobabylon”のローンチトレーラー

余談ながら、Technocrat GamesのJames Dearden氏がライターを務めた前作“Technobabylon”は、遺伝子操作が日常化し、“Central”と呼ばれるAIが人間の相互関係を全て監視する2087年の未来都市“Newton”を舞台に、一般市民の神経接続にトラップを仕掛け情報を盗み死亡させる連続マインドジャック犯を追う秘密警察のエージェントCharlie RegisとMax Lao、そして次の標的と予想される女性Latha Sesameの物語を描くポイント&クリック型のアドベンチャーで、優れた世界観とプロット、魅力的なキャラクター、優れたサウンドトラックが非常に高い評価を獲得していました。

情報元及びイメージ:PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.