ウォーレン・スペクター氏が人気シリーズ最新作「System Shock 3」の進捗を報告、現時点の完成度は50%越え

2019年3月18日 16:38 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「System Shock 3」

2015年12月中旬に正式アナウンスが行われ、お馴染みウォーレン・スペクター氏がスタジオディレクターを務めるOtherSide EntertainmentのAustinスタジオが開発を進めている人気シリーズ最新作「System Shock 3」ですが、当初パブリッシャーを務める予定だったStarbreezeの経営難に伴い、OtherSideが販売権を買い戻した最新作の動向に注目が集まるなか、新たにOtherSideが公式サイトを更新し、最新作の進捗状況を報告しました。

今回の報告は、前述の販売権に関する状況を改めて説明したもので、OtherSideはStarbreezeが素晴らしいパートナーだったと伝え、再建に取り組むStarbreezeの成功を祈るとエールを送っています。

なお、“System Shock 3”の開発については、完成度が50%を超える状況にあることを挙げ、最新作が馴染み深い“System Shock”だと確かに感じられる一方で、幾つかの全く新しい要素を盛り込んでいると報じられています。

また、ウォーレン・スペクター氏はビジネス的な変化が本作の開発やチームに影響を与えていないことを強調し、最新作が没入的なシミュレーションジャンルをリードする作品になるだろうと説明。近くさらなる情報が解禁されると予告しています。

■ 再掲:“System Shock 3”のプロットに関するディテール

  • “System Shock 3”にはSHODANが再び登場し、ゲームの中心的な役割を担うが、現代的な作品に適合する幾つかの変更が加えられている。ウォーレン・スペクター氏によると、新たな取り組みとしてSHODANが人類に敵対する根本的な動機、つまり高度な知能やAIを動機づける要因を模索しているとのこと。
  • これに加え、詳細は控えるが前作で重要な存在となったRebecca Suttonが再登場を果たし、彼女に関する出来事が“System Shock 3”の出発点となる。
  • UNN RickenbackerのクルーメンバーだったThomas Suarezに加え、初代のガイド役を務めたRebecca Lansing、初代の主人公を務めたハッカー、さらにSystem Shock 2の主人公兵士も再登場を果たす。彼らはシリーズの新たなプレイヤーに向けて、過去に起こった彼ら自身の出来事を語る。
  • さらに、初代のハッカーを事件に巻き込んだTriOptimumの要人でCitadelのVPを務めたEdward Diegoの過去が掘り下げられるとのこと。
  • 初代System ShockとSystem Shock 2は、当時人気だったサイバーパンクジャンルに強くインスパイアされたが、現在のサイバーパンクは最先端のジャンルとは言えず、来る“System Shock 3”には現代のオーディエンスが興味を示す要素が導入され、ハッキングやUI、HUDにもたらされるとのこと。
情報元及びイメージ:DSOGaming, OtherSide Entertainment

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.