“Dota Auto Chess”を生んだDrodo Studioがオリジナルの「Auto Chess」開発を始動、モバイル向けの事前登録もスタート

2019年3月16日 17:19 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dota Auto Chess」
参考:“Dota Auto Chess”のスクリーンショット

今年1月に“Dota 2”のカスタムゲームとしてリリースされ、PUBGのプレイヤーベースを再度上回る大きな要因となった人気MOD「Dota Auto Chess」ですが、新たに本MODを生んだ中国のDrodo Studioが“Dota 2”のアセットを用いないオリジナルの「Auto Chess」開発を始動したことが明らかになりました。

“Auto Chess”は、8人のプレイヤーが戦うコアシステムをそのままに、オリジナルのヒーローを用意したモバイル向けの新作で、今のところリリース時期は不明ながら、中国でiOSとAndroid向けの事前登録受け付けがスタートしています。

僅か数ヶ月の出来事ながら、まるでMOBAの黎明期を想起させるような(“Dota 2”は、元々“Warcraft 3”のDefense of the Ancients MODから誕生したゲームであり、“League of Legends”もDota Auto Chessに対するAuto Chessのような出自の作品だった)“Dota Auto Chess”の劇的な成功ですが、既に亜種が登場しはじめている状況もあり、“Auto Chess”が新たな人気ジャンルとして台頭するか、本家を含む今後の動向に改めて注目が集まるところです。

情報元及びイメージ:VentureBeat

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.