Infinity WardのTaylor Kurosaki氏が今年の「Call of Duty」について言及、キャストに関する噂も

2019年4月8日 10:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty」

今年2月、(BO4のアプローチとは異なり、従来通り)シングルプレイヤーキャンペーンを搭載する新作の存在が明かされた「Call of Duty」シリーズですが、今年の新作を手掛けると思われるInfinity Wardの動向に注目が集まるなか、かつてNaughty Dogで活躍し、“Call of Duty: Infinite Warfare”のナラティブディレクターを務めたTaylor Kurosaki氏が今年のCoD最新作に言及。今年のCoDは、氏がこれまでに手掛けたなかで最も野心的な作品だと伝え話題となっています。

Taylor Kurosaki氏は、今年のCoDが野心作であること以外、具体的なディテールを提示しておらず、例年通り(BO4は2018年3月9日正式アナウンス、5月17日お披露目イベント実施)であればそろそろ何らかの動きがあってもおかしくない最新作の動向に改めて注目が集まるところです。

CoD最新作に関するファンの質問に応じたTaylor Kurosaki氏

また、元CIA/ネイビーシールズのトレーナーShawn Ryan氏が映画“ジョン・ウィック: チャプター3 – パラベラム”とキアヌ・リーブスのトレーニングについて語るインタビューのなかで、氏がCoDの開発に参加している旨を明かし、スタントマンCecilia Johnson女史に対するCQC訓練を行ったと説明。これまでCecilia Johnson女史はCoDタイトルに参加していないことから、最新作にキャストされたのではないかと見られています。

CoDに関する言及が行われたShawn Ryan氏のインタビュー
Cecilia Johnson女史も実際に軍事系の訓練を受けた様子を投稿している

情報元及びイメージ:ComicBook

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.