パッチ8以降に実装される「Fallout 76」の新コンテンツがアナウンス、新ダンジョン“バローズ”や修理キットを導入

2019年4月5日 1:02 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Fallout 76」

本日、4月に2度開催されるダブルXPウィークエンドの第1弾がスタートした「Fallout 76」ですが、新たにBethesdaが公式サイトを更新し、4月4日分の“Inside the Vault”を公開。初のダンジョンとなる“バローズ”や旅の思い出を記録する“スナップマティック! カメラ”、作業台まで戻らずにいつでも装備を修復可能な“修理キット”といったパッチ8以降に導入される新コンテンツの概要がアナウンスされました。

なお、4月9日のパッチ8配信に併せて実装が予定されていたプレイヤーによるアイテム販売は、5月にリリースされるパッチ9に延期となったことが報じられています。

Inside the Vault: パッチ8以降の予定について – 2019年4月4日

先週のInside the Vaultでは、4月9日配信のパッチ8で追加される、クエストライン「Lying Lowe」、アイテムの改名機能、ベンダーの派閥のアップデート、そしてタレットのバランス調整についてご紹介しました。

「Wild Appalachia」コンテンツは他にも盛りだくさんですが、今回はパッチ8のリリースに続いて実装されるコンテンツにスポットライトをあてます。

『Fallout 76』で初のダンジョンとなる「バローズ」、旅の思い出を残すための「スナップマティック! カメラ」、そして、時や場所を選ばずに装備を直せる「修理キット」など、各コンテンツの詳細をぜひご確認ください。

「修理キット」でいつでも修理が可能に

新たに登場する修理キットさえあれば、装備を直すためにわざわざ作業台まで戻る必要がなくなります。浮いた時間は、戦利品の収集や銃撃戦に充てましょう。修理キットを実装してほしいというご意見はこれまでも多数いただいていました。パッチ8に続けて実現することができることを大変嬉しく思っています。

修理キットには、標準修理キットと強化修理キットの2種類が存在します。また、修理キットは捨てたり、ベンダーに売ったり、他のプレイヤーと交換することはできません。

ここでは使用方法や入手手段について簡単にご紹介します。

標準修理キット

標準修理キットは1つにつき1回限り使用可能な消費アイテムで、インベントリ内のアイテムを1つ、またはC.A.M.P.内のオブジェクトを1つだけ100%の状態に修復します。修理キットがインベントリにあれば、時や場所を選ばず、しかもクラフト材料を消費せずに装備を直すことが可能です。使い方は簡単で、修理キットを手に入れたら、まずPip-boyを開きましょう。修理したいアイテムで「調べる」を選択して、新しく追加される「修理キット」のオプションを選ぶだけで、すぐに戦闘や作業に戻ることができます。

修理キットはC.A.M.P.、ワークショップ、またはワールド内の任意の作業台でも使用することができます。

標準修理キットはアトミックショップで解除可能です。購入したアトムや、ゲーム内のチャレンジを完了して手にいれたアトムを使って解除しましょう。

強化修理キット

強化修理キットの使用方法は、標準修理キットと同じで、1つにつき1回限り使用可能な消費アイテムとなります。ただし、強化修理キットの場合は選択したアイテムの状態を150%まで強化してくれます。ウェイストランドで遭遇するであろう過酷な戦いの数々も、これなら乗り切れるはずです。

強化修理キットは、ゲーム内の各種コンテンツを進行することで獲得できる希少な無料アイテムとなる予定です。たとえば、スコーチビースト・クイーンを倒した際に獲得することができます。

アトミックショップの標準修理キット

『Fallout 76』ユーザーの皆さんからは、修理キットに関する多数の要望やご意見をいただいており、私たちとしてもぜひとも実装したいコンテンツでした。それと同時に、ゲーム内だけでなく、アトミックショップでも新しい試みを実施したいと考えています。将来的には、C.A.M.P.に置ける冷蔵庫、弾薬や食料の変換機能、拠点に戻らずに収納箱にアイテムを送れるシステムなど、コミュニティ主導のアイデアをもっとゲーム内に追加できないか、検討を続けています。修理キットはこの手のアイテムとしては初めての導入事例となり、皆さんのフィードバックを元に調整も行っていく予定です。本アイテムが今月リリースされましたら、ぜひご意見やご感想をお寄せください。

パッチ8に続く「WILD APPALACHIA」コンテンツ

「バローズ」で地下探検を楽しもう

「Fallout 76」

「Wild Appalachia」で追加される新ダンジョン「バローズ」は、4月16日(北米時間)に実装予定です。仲間を結集して、不可解な原因により闇とぬかるみが広がるハーパーズ・フェリーの地下に向かい、B.O.S.が送り込んだ部隊の足取りを辿りましょう。「バローズ」については来週の「Inside the Vault」でさらに詳しくご紹介します。思わず恐れをなしてしまうような地下の戦場に挑む準備ができるよう、その片鱗をお見せできればと考えています。

「スナップマティック! カメラ」で思い出を残そう

「Fallout 76」

4月16日(北米時間)に『Fallout 76』が新しく実装する「スナップマティック! カメラ」に、皆さんの素敵な笑顔を見せつけましょう! 「スナップマティック!」は武器と同じように装備できる新アイテムで、弾を撃つ代わりにアパラチアの風景をカメラに収めることができます。きっと、あなたのフォトギャラリーはこれまで以上のスピードで埋め尽くされることでしょう。また、この多機能カメラに関する新しいクエストやチャレンジも付随するほか、カメラはレンズを追加して改良することもできます。撮影を始める前に、まずは自分で「スナップマティック!」を見つける必要があります。詳しくは来週のInside the Vaultで取り上げますのでどうかお楽しみに。

プレイヤーによるアイテム販売はパッチ9に延期となります

「Fallout 76」

プレイヤーによるアイテム販売について、当初はパッチ8と共に導入される予定でしたが、5月にリリース予定のパッチ9に延期することとなりました。パッチ9のリリースに向けて情報は随時お知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。

情報元及びイメージ:Bethesda.net

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.