期待作「ボーダーランズ3」のメインストーリーは最短でも30時間規模、マイクロトランザクションやリースの後任に関する話題も

2019年5月2日 14:00 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Borderlands 3」

昨晩、遂にゲームプレイのお披露目を果たし、大量の新情報とゲームプレイが噴出している期待作「ボーダーランズ3」ですが、新たに本作のクリエイティブディレクターPaul Sage氏がPC Gamerの質問に応じ、メインストーリーのボリュームに関する話題が報じられています。

“ボーダーランズ3”のあれこれに関するディテールについては、追ってその詳細をご紹介しますが、今回は一先ずお披露目イベントから判明したメインストーリーのボリュームやマイクロトランザクションの有無、トロイ・ベイカーの後任となるリースのボイスアクター(※ リースは“Tales from the Borderlands”の主人公の1人)、一部敵の名称変更に関する話題をまとめてご紹介します。

■ メインストーリーのボリュームについて

  • お披露目イベントの会場でPC Gamerの質問に応じたクリエイティブディレクターPaul Sage氏によると、“ボーダーランズ3”の最短クリアを目指す場合、メインストーリーの完了におよそ30時間程度必要になるとのこと。
  • Paul Sage氏の語った最短がどの程度最適化したものかは不明だが、参考までにクリア時間の統計情報を専門に扱うHowLongToBeatによると、前作“ボーダーランズ2”のメインストーリーの平均クリア時間がおよそ31時間、ラッシュで18時間となっており、“ボーダーランズ3”のプレイスルーは“ボーダーランズ2”とほぼ同等か、少なくともそれ以上であることが窺える。

■ マイクロトランザクションの有無について

  • お披露目イベントに登壇したRandy Pitchford氏の発言に伴い、一部メディアで“ボーダーランズ3”にマイクロトランザクションが存在しないと報じられているが、実際はくだらないマイクロトランザクションが存在しないと(意図して)語ったもので、前作同様キャラクター衣装のマイクロトランザクションは“ボーダーランズ3”にも存在する。
  • 正確を期すと、Randy Pitchford氏は“ボーダーランズ3”が真のボーダーランズとして有るべき姿を大事にしたいと伝えた上で、オンラインとオフラインの両方でプレイできること、そして素晴らしいキャンペーンDLCをはじめ、楽しいカスタマイズを可能にするスキンやヘッドを用意すると説明しており、意味のないマイクロトランザクションやくだらないコンテンツは導入しないと強調している。
  • Twitterで発言の意図について言及したRandy Pitchford氏は、前述のマイクロトランザクション発言が有料の通貨やルートボックスといった歓迎すべきでない要素を指したものであることを改めて強調している。
  • また、Game Informerのインタビューに応じたPaul Sage氏は、Randy Pitchford氏と同じくゲームに過剰な量のDLCを導入することはないと明言している。

■ 一部敵キャラクターの名称変更について

  • PCGamesnのインタビューに応じたプロデューサーChris Brock氏によると、最新作“ボーダーランズ3”において一部の差別的なニュアンスを含む特定の用語を変更したとのこと。
  • これにより、従来の“Midget”(背の低いバンディット)は新たに“Tinks”と呼ばれる。
  • 従来の“Psycho”については引き続き使用される。
  • 多数の勢力が存在した従来のバンディットについては、“ボーダーランズ3”において(恐らくカリプソツインズの下で)統一され、新たに“Fanatics”(狂信者)と呼ばれているとのこと。

■ リースのボイスアクターについて

  • “Tales from the Borderlands”の主人公の1人で、最新作に再び登場するリースについて、オリジナルのボイスアクターを務めたトロイ・ベイカーがリース役に起用されなかった旨を報告していたが、新たに海外版“Final Fantasy XV”のノクティス役で知られるレイ・チェイスが自ら最新作のリース役に起用された旨を明らかにしている。
  • 余談ながら、今回のお披露目配信にて英語版“ボーダーランズ3”のClaptrap役がやはり変更となったことが判明している。後任のClaptrapは従来のイメージを見事に維持しているが、現段階で新たなボイスアクターは不明。(※ これは、オリジナルのボイスアクトを務めた元GearboxのVP David Eddings氏がスタジオを退社したことによるもの。氏は現在Rooster Teethのパブリッシング部門を率いている)
マイクロトランザクションに対するアプローチを改めて説明したRandy Pitchford氏
リースを演じるに当たって、前任のトロイ・ベイカーから多大なインスピレーションを得たと語ったレイ・チェイス
高い人気を誇ったオリジナルとは異なる新しい解釈を楽しんでほしいと説明している

新たに公開された“ボーダーランズ3”のゲームプレイ紹介トレーラー
4時間におよぶライブ配信のアーカイブ、日本語同時通訳有り

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.