プレイヤーの選択によって変化する都市環境を描いた「Dying Light 2」のコンセプトアートが公開

2019年6月4日 16:52 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dying Light 2」

昨年6月のアナウンスを経て、E3 2019向けの出展がいよいよ目前に迫るTechlandの期待作「Dying Light 2」ですが、新たにGame Informerが独占情報として本作の舞台となる都市環境を描いたコンセプトアートを公開しました。

今回のイメージは、プレイヤーの選択によって大きく変化する都市“The City”の景観を描いたもので、プレイヤーを挟んで左側の環境は生存者達が団結し町を復興させたもの、右側の環境は民間人よりもゲーム内勢力を支持した場合の変化を描いているとのこと。

「Dying Light 2」
Game Informerが公開したコンセプトアート、画像は原寸大のイメージにリンクしてあります
参考:昨年6月に公開された“Dying Light 2”のアナウンストレーラー
参考:こちらは“Dying Light 2”のゲームプレイトレーラー

なお、来る続編“Dying Light 2”は、初代の4倍に及ぶ広大なオープンワールド環境を導入するほか、これを多数の地域に分割し、各地域を支配する勢力によって各地の情勢や都市そのものの外観が(プレイヤーの行動や選択によって)大きく変化する動的な分岐プロットを特色としています。

なお、ストーリーとプロットを大幅に強化する“Dying Light 2”(PS4/Xbox One/PC)には、お馴染みChris Avellone氏(Fallout 2やPlanescape: Torment、Fallout: New Vegas、Pillars of Eternity、Tyranny、Preyなど、数々の傑作に携わった著名なデザイナー兼ライター)に加え、“The Witcher 3: Wild Hunt”の優れたストーリーを象徴する“血まみれ男爵”のクエストに携わったライターチームのメンバーが複数参加しており、まるでパズルのように楽しめる複雑なナラティブの開発に取り組んでいることが知られていました。

情報元及びイメージ:Game Informer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.