デジカが新たなVRシステム「VIVE Pro Eye」と「VIVE Focus Plus」の国内発売を正式アナウンス、販売開始は6月28日

2019年6月17日 10:00 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」

本日、デジカがプレスリリースを発行し、高精度なアイトラッキング機能を搭載したハイエンドVR システム「VIVE Pro Eye」とオールインワン型のVR システム「VIVE Focus Plus」の国内発売を正式にアナウンスし、6月28日午前11時の販売開始を予定していることが明らかになりました。

“VIVE Pro Eye”と“VIVE Focus Plus”の概要と特徴、価格を含む製品情報は以下からご確認ください。

新技術を搭載したエンタープライズ向け VR ヘッドセットの新製品「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」の販売を開始いたします

株式会社デジカ(本社:東京都武蔵野市)は、エンタープライズ向けとして商品として、高精度アイトラッキングシステムを搭載したHTC 社製ハイエンド VR システム「VIVE Pro Eye」 ならびに 6DoF コントローラーを同梱したプレミアムスタンドアローン VR システム 「VIVE Focus Plus」 の販売を、同社が運営を行う VIVE 公式ストア(https://www.vive.com/jp/)ならびに VIVE 正規取扱販売店にて、6 月 28 日(金)午前 11 時より開始することを発表いたします。

「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」

発売より好評いただいております 「VIVE Pro」 は、世界最高クラスのグラフィックとハイエンドオーディオ、広範囲をカバーするトラッキングシステム、エルゴノミクス設計に基づいた快適な装着感によって生み出される高い没入感を実現。VR 体験を行う上で重要となる要素、その製品力に高い評価をいただいております。

新たに設計された 「VIVE Pro Eye」 は、要求水準の高いプロフェッショナルユーザーのために、 「VIVE Pro」 がもつ性能に加えて、高精度のアイトラッキングシステムを搭載いたしました。レンズの周囲に配置された IR センサーは、眼鏡の装着や瞳の色に左右されることなく、装着者の両目の動きのトラッキングや分析を可能にし、VR 体験で必須とも言える IPD(瞳孔間距離)自動測定/設定の簡易化をはじめ、より直感的なコントロールや意思疎通のコミュニケーションの実現、視線によるデータ収集、注視しているオブジェクトやエリアへの優先的なレンダリングパフォーマンスの自動配分(フォービエイテッド・レンダリング)対応など、様々な分野に活用することが可能となります。

また、より優れた体験を実現するため、ヘッドフォン・クッションの密度を向上。より豊かな低音応答とノイズ除去を向上させ、音質没入感を向上させております。

「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」

「VIVE Focus Plus」 は、本格的なエンタープライズ向けのポータブル VR として、ケーブルレス、PC レスを前提に設計されたオールインワン型の VR システムです。新たに 6DoF トラッキング対応のコントローラーが付属し、より直感的な操作による深いレベルの没入感を実現します。セットとなっている 6DoF 対応ヘッドマウントディスプレイと組み合わせることで、ケーブルレスによる自由な VR 体験をお楽しみいただけます。

「VIVE Focus Plus」 は法人・商用利用向けとした製品であることから VIVE Enterprise Platform に完全対応しており、セキュリティツールや使用状況のリモート監視、キオスクモードなどへの対応を可能としております。

また、今回発売される 「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」に合わせて、同じくエンタープライズ向け製品として、商用利用時の保証をサポートする専用のアドバンテージパックも同時に発売いたします。

アドバンテージパックをご購入いただき、対象となる VR システム製品のご登録をいただきますと、保証期間の追加、商用利用時の保証などのサポートを受けることができるようになります。イベントや展示会、アミューズメント利用など、多くのお客様にご利用いただく分野での導入をご検討されている方は、ぜひ合わせてアドバンテージパックの導入についてもご検討ください。

VIVE Pro Eye 製品情報

「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」

*1 : 眼の疾患、眼の手術、濃い化粧、および強い近視は、アイトラッキング性能に影響を与える可能性があります。
*2 : アドバンテージパックはエンタープライズ向けの商品です。適用には対象製品購入日より 3 ヶ月以内までに、お客様自身でのご登録が必要となります。
・ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

VIVE Pro Eye 製品ロゴ

「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」
「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」

VIVE Pro Eye 製品画像

「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」
「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」
「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」
「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」
「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」

VIVE Focus Plus 製品情報

「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」

*1 : ネットワーク、信号強度、機能構成、アプリの使用状況、およびその他のさまざまな要因によって、バッテリーの持続時間が異なる場合があります。
*2 : アドバンテージパックはエンタープライズ向けの商品です。適用には対象製品購入日より 3 ヶ月以内までに、お客様自身でのご登録が必要となります。
・ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

VIVE Focus Plus 製品ロゴ

「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」
「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」

VIVE Focus Plus 製品画像

「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」
「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」
「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」
「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」
「VIVE Pro Eye」 「VIVE Focus Plus」

【HTC について】

VIVE はルームスケールVRでかつリアルなインタラクションを実現するために最適化された、今までに類をみないVRプラットフォームです。

テクノロジー業界のゲームチェンジャーとしての高い技術力と業界 TOP クラスのコンテンツ提供を約束し、開発者や事業者用製品と同等のVRをコンシューマーに提供し、VIVE はソフトウェアとハードウェアにおいて、最強のエコシステムを作り上げました。

VIVE エコシステムはVR市場で最高のハードウェア技術を中心に、1億ドルのVR及び関連スタートアップ企業への圧倒的推進力のある“VIVE X”、60 か国以上で展開される世界初のサブスクリプション型グローバルプラットフォームでかつアプリケーションストアである“VIVEPORT”、コンテンツ開発力と発信力をもった“VIVE Studios”等で形成されています。VIVE 製品に関しての詳細は www.VIVE.com をご覧ください。

※HTC と HTC ロゴは HTC Corporation の登録商標です。
※その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。
※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

【株式会社デジカについて】

イーコマースソリューションのリーディングプロバイダーです。国内外の 100 を超えるパートナーと提携し、2,000 を超える PC アプリケーションやゲームを中心に様々なデジタルコンテンツを全世界のお客様へ提供しています。

2012 年より Steam 向け国産ゲームのパブリッシング事業を開始し、その後 Steam ウォレットコードや Steam 関連グッズの販売、「Komoju* 」 での日本円決済の提供など、Valve 社との強い提携のもと多くの事業に関わってきました。

近年では「HTC VIVE」を始めとした VR 関連機器の取扱をはじめ、各 VR 関連会社やコンテンツメーカーと連携した展開など、この新しい市場に力を注いでおります。

また、大手ゲーム周辺機器メーカーのストア運営も担当し、製品の輸入、配送などのロジスティックにも携わっており、国内外のゲーム事業を全般的にサポートしています。詳しくは https://www.degica.jp/をご覧ください。

*Komoju(https://komoju.jp/)は、株式会社デジカが運営する決済システムの名称です。
・HTC、HTC ロゴ、VIVE、VIVE ロゴ、VIVE Pro、VIVE Pro ロゴ、VIVE Focus、VIVE Focus ロゴは、HTC Corporation の登録商標です。
・Steam 及び SteamVR は、Valve Corporation の商標及びまたは登録商標です。
・Qualcomm および Snapdragon は、米国およびその他の国々で登録された Qualcomm Incorporated の商標です。
・その他の社名、商品名、ロゴは、それぞれ各社の登録商標または商標です。

情報元及びイメージ:プレスリリース

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.