“スクリーム”シリーズのゴーストフェイスを導入する「Dead by Daylight」の新DLC“Ghostface”が発売

2019年6月19日 10:10 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dead by Daylight」

昨晩、新たな殺人鬼“ゴーストフェイス”の特性を紹介するゲームプレイトレーラーがお披露目された人気4vs1ホラー「Dead by Daylight」ですが、本日予定通りSteamとPS4/Xbox One向けにゴーストフェイスを導入するDLC“Ghostface”の販売が開始されました。

“Ghostface”DLCの概要とスクリーンショットは以下からご確認ください。

ゴーストフェイスはDead by Daylightに新たに登場する殺人鬼です。「ゴーストフェイス 」DLCでは新しい殺人鬼と、その限定アイテムがアンロックされます。

知人とは危険な欺瞞である。職場はそうした人間で溢れている。週に5日、たまたま隣にいる他人に過ぎないなか、日々の習慣により余所余所しい親密さが深まっていく。お互いのことを全く知らないという事実を忘れるにつれ、隙間は思い込みで埋められていく。その思い込みが間違いであることが、証明されるまで。

ゴーストはそれを最大限に利用した。新聞社の関係者は、ローズビルの殺人事件がゴーストに結びつくことに気づくこともできたかもしれない。手がかりなら存在していたのだ。ゴーストが仕事を休んだ日、被害者の死亡時刻、そして情報源が不明のゴーストが書いた詳細な記事…。だが同僚は見抜けなかった。それはゴーストが日常に溶け込んでいたからだ。左側に座っている男が、十数人の人間が殺害された事件に関わっているとは誰も想像しなかった。その事実が証明されるまでは。

結局、ゴーストはそれまでと同様にうまく逃げのびた。捜査機関の目がゴーストに向いた時には、すでに荷造りを終えて数マイル先まで車で逃げ、新たな仕事へと向かっていた。ただし今回ゴーストが見つけたのは、獲物で溢れた狩り場だった…。

新キラー“ゴースト”

一見すると、ジェド・オルセンは多数の小さな新聞社で経験を積んだ、親切で熱心なフリーランス記者だった。 ローズビル・ガゼッタで採用されたオルセンはその穏やかな人柄で周囲のスタッフからは評価され、ユタ州からペンシルバニア州を転々としていた自分の経歴に関して弁明する必要もなかった。態度も良好だったうえに、ポートフォリオもまともだったからだ。ポートフォリオによれば、オルセンはこれまで未解決の殺人事件など重大な記事を書いていた。何より重要だったのは、オルセンが即戦力だったということだ。

5か月後、ローズビルで殺人事件が起きた。若者から老人に至るまで、犠牲者を自宅で刺殺するという連続殺人だった。ガゼッタの記者全員がその事件を追った。

オルセンがこの事件について記事を書き始めると、犠牲者の数は急増した。夜にフードをかぶった人影が住宅に侵入する映像をオルセンが制作すると、ローズビルはさらなるパニックに陥った。闇の中に白く不鮮明に映る、マスクをつけたオルセンの顔。数秒間カメラを見つめ、家の中へと消えていく。―ゴースト、テープに捉えられる―それがオルセンが書いた記事の見出しだった。自分の仕事に満足したオルセンは、”ゴースト話”に恐怖する街を見て楽しんでいた。

捜査機関の目が向けられると、オルセンは迅速にローズビルを後にした。オルセンはいくつもの記事を書き、収集したが、それらの記事によりオルセンの伝説は壮大なものとなった。次なる挑戦を見つけ出すのは困難であると思われたが、好機は自ら彼のもとへとやってきた。

ゴーストの能力:闇の包容

ゴーストは犠牲者を好んでつけ回した。地元のバーから犠牲者の後をつけ、自宅にいる彼らの写真を撮影し、侵入経路を探した。同じ犠牲者を何週間も観察し、行動パターンを細かく記録した。自分の中にある衝動が無視できないほど高まると、オルセンは戻り、本能に従ってすべきことを実行した。

闇の包容の発動中はゴーストの脅威範囲がゼロになります。闇の包容の発動中、どの生存者からも視認されていない状態では隠密状態になります。ゴーストは生存者をつけ回して脆弱性を見つけ出し、一定時間無防備状態にすることができます。

ゴーストのパーク

  • 地獄耳:脅威範囲外で生存者が大きな音の通知を出した場合、その生存者のオーラが一定時間見えるようになる。その後、切り裂き魔の五感はクールダウンに入る。
  • 戦慄:1人の生存者に執着する。追跡から逃れたオブセッション状態の生存者は仲間の生存者と合流すると大きな音の通知を出し、仲間の生存者たちのオーラが一定時間見えるようになる。
  • 隠密の追跡:1人の生存者に執着する。オブセッション状態の生存者をフックに吊るすとトークンを獲得する。トークンひとつにつき、追跡中の脅威範囲が減少する。生存者が仲間をフックから救助すると、救助した者がオブセッション状態になる。
  • ゴースト限定アイテム:「ゴーストフェイス」DLCには体用スキンのモノクロ狂人、そして武器スキンの銀色の鋼鉄製タクティカルナイフの、2つのゴースト限定アイテムが収録されています。DLCの一部としてのみ入手可能です。 このアイテムのみを別途購入することはできません。
「Dead by Daylight」
「Dead by Daylight」
「Dead by Daylight」
「Dead by Daylight」
情報元及びイメージ:Steam, Dead by Daylight

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.