2つのアリーナ系チャレンジを含む「ボーダーランズ3」の新コンテンツがアナウンス、未見のプレイ映像も

2019年8月20日 5:28 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Borderlands 3」

先ほど放送が終了した“gamescom: Opening Night Live”に、Gearbox SoftwareのクリエイティブディレクターPaul Sage氏が登壇し、「ボーダーランズ3」の新要素となる2つのアリーナ系チャレンジコンテンツを紹介。前作のスロータードームに相当するウェーブ形式の“殺戮サークル”と、新たにオーバーシアーと名乗るエリディアンが管理する“試練の間”を導入することが明らかになりました。

会場では、最新作では初めて姿を見せるエリディアンから“試練の間”に挑む資格を得る様子や激しい戦闘が確認できる僅かなゲームプレイがお披露目されたほか、国内外の公式サイトが更新され、トーグ社が主催する“殺戮サークル”と制限時間内に設定された複数の目標クリアを目指す“試練の間”のディテールが報じられています。

参考:gamescom ONLで放送された“殺戮サークル”と“試練の間”の紹介

GAMESCOMにて『ボーダーランズ3』のチャレンジ・コンテンツを発表

チャレンジが大好きなヴォルト・ハンターの皆さんに朗報です。『ボーダーランズ3』には、激戦のアリーナで腕を試しつつ、トップクラスの戦利品まで獲得できる場が用意されています。それが新登場の「試練の間」と、前作に続いての登場となる「殺戮サークル」です。ドイツのケルンで開催されたGamescomのOpening Night Liveにて、Gearboxのクリエイティブ・ディレクターであるポール・セージ氏が、ジェフ・キーリー氏との対話のなかでこれらの『ボーダーランズ3』コンテンツを発表し、やりごたえがあり繰り返し遊べるミッションを紹介しました。

『ボーダーランズ3』で宇宙を駆け巡っていると、各地で「殺戮サークル」のアリーナを見つけることができます。スポンサーは、爆発でおなじみの「トーグ社」です。殺戮サークルにエントリーすれば、あとはやるかやられるかの世界です。傷つき倒れて、復活させてくれる人がいなければ、チャレンジはそこで終了。多額の賞金ともお別れです。殺戮サークルでは敵の大群と全5ラウンドにわたって戦います。各ラウンドは複数のウェーブで構成されています。押し寄せる敵を蹴散らし、バンディット、ボット、凶暴な生き物、その全てがいなくなるまで大暴れしましょう。その間、ミスター・トーグが罵りたっぷりのお下劣な実況で皆さんの繊細な耳を楽しませてくれます。しかし、ミスター・トーグは意外と失敗に厳しい人です。彼の心と、そのはちきれんばかりの大胸筋を動かしたければ、近接攻撃やグラウンド・スラムでキル数を稼ぐといったボーナス目標をクリアし、実力を見せつけなければなりません。試合を見ているターゲット層を意識して、グレネードでドッカーーーーーン!とやるのも手でしょう。

「Borderlands 3」

ストーリーを進めると、「オーバーシアー」と名乗るエリディアンが番をする「試練の間」に挑む資格も得られます。オーバーシアーは、謎めいた「マスター」という存在に代わって、あなたの力を試します。試練の間は制限時間つきの戦いで、敵がのさばる3つのエリアを疾風怒濤の勢いで駆け抜け、30分以内にボスを倒さなければなりません。選んだ試練を短時間で効率よくクリアするほど、もらえる報酬がよくなります。いい報酬がほしければ、一度も倒されずに、もしくは一定時間以内に試練の場をクリアしたり、あるいは「フォーレン・ガーディアン」というエリア内をうろついている敵を見つけて倒すといったボーナス目標を達成しましょう。試練の間の最後に待っている宝箱には、必ず貴重なお宝が入っています。…ですが、最高の報酬を手に入れるには、真の実力が求められるでしょう。

Gamescomでは『ボーダーランズ3』の体験版を出展しますので、会場にお越しになる皆さんはぜひお立ち寄りください。初のお披露目となる「ビーストマスター」の FL4K(フラック) をはじめ、「セイレーン」のアマーラ、「ガンナー」のモズ、「オペレーティブ」のゼインもプレイできます。9月13日(金)に『ボーダーランズ3』が発売されたら、ぜひとも自分の力を証明して、最高の戦利品を手に入れようという猛者を待つ「試練の間」と「殺戮サークル」に挑戦してみてください!

情報元及びイメージ:Borderlands

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.