人気宇宙開発シム続編「Kerbal Space Program 2」の詳細が国内向けにアナウンス、開発はMonday Night Combatを生んだStar Theory Games

2019年8月20日 19:02 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Kerbal Space Program 2」

昨晩放送された“gamescom: Opening Night Live”にてお披露目され、世界中のファンを驚かせた人気宇宙開発シムの続編「Kerbal Space Program 2」ですが、新たにPrivate Divisionが国内向けに最新作の詳細を紹介するプレスリリースを発行し、オリジナルを生んだ“Squad”ではなく、“Monday Night Combat”フランチャイズで知られるUber Entertainmentの後継スタジオとなる“Star Theory Games”が開発を担当していることが明らかになりました。

PS4とXbox One、PC向けの新作となる“Kerbal Space Program 2”は、星系を超えた宇宙探査が可能となる次世代技術や本格的なコロニーの構築、星間飛行、初のマルチプレイヤー導入、MOD対応のさらなる拡張といった新要素を導入する続編で、新たに開発を担当する“Star Theory Games”には航空宇宙産業の経験を持つエンジニアが所属しているほか、宇宙工学専門の科学者も参加しており、続編の開発に対する興味深い取り組みをまとめた初の開発映像が登場しています。

なお、初代の開発を手掛けた“Squad”は、今後も初代“Kerbal Space Program”の新コンテンツ開発とサポートを継続する一方で、来る続編が最高の作品となるよう、可能な限りStar Theoryの支援を行うとのこと。(参考:Squadのメッセージ

参考:昨晩公開された“Kerbal Space Program 2”のアナウンストレーラー
新たに公開された“Kerbal Space Program 2”の開発映像、続編に対するStar Theoryの熱心な取り組みが確認できる

Private Division と Star Theory Games が Kerbal Space Program 2 を発表

大好評の宇宙シミュレーターの続編で、新たに追加された銀河を探索したり、より大きな装置を作ったり、より多くの天体を訪ねたりしよう

Private Division と Star Theory Games は本日、大好評のオリジナル宇宙シミュレーターの続編として、Kerbal Space Program 2 を 2020 年春に PC 向けに Steam で公開し、その後間もなくPlayStation®4 と Xbox One X を含む Xbox One シリーズの端末上でもリリースすることを発表しました。

Kerbal Space Program 2 では、プレーヤーがより宇宙の奥深くまで探検を楽しめるよう、新たな探検先の惑星、星々の間を移動する新航法、そして基地を作る機能など、様々な強力な新機能が追加され、どれも現実世界の科学の法則に基づいたものとなります。このバージョンからプレーヤーは、惑星の重力の影響を受けることなく構造物を作ることができるようになり、これまでになく大きな建造物や複雑な構造体を作り出すことが可能となります。それには、星間飛行できる宇宙船も含まれます。加えて、シリーズの歴史上初めてマルチプレーヤーモードが搭載され、プレーヤーはこうした体験を他のプレーヤーと一緒に共有することができるようになります。

さらに Kerbal Space Program 2 では、惑星やパーツの更新、さらなる改造機能、また初心者のプレーヤーでもすぐに宇宙に飛び出せるように練り直されたチュートリアルなど、様々な機能向上が行われています。こうした変更点のおかげで、初心者は文字通りロケット技術並の難解な事項を楽に学べるようになる一方で、熟練のプレーヤーにはこれまで通り挑戦しがいのあるレベルを維持します。

Star Theory のクリエイティブディレクターのネイト・シンプソンは、次のようにコメントしています。「KSPは常に、イノベーションと創造性の限界を押し広げることを重視して作られてきました。

Kerbal Space Program 2 では、それをさらに推し進めています。幾つかの新しい挑戦がプレーヤーを待ち受けています。例えば、新たに追加された物理学のパズルを解いたり、新たな惑星を征服したり、自分で深宇宙開発を進める新たな方法も用意されています。ゲームコンセプトはこれまで通り、びっくりするような障壁をいくつも乗り越えながら、探検し、想像力を働かせ、そしてロケット技術やロケット技術並の難解な事柄を理解しよう、というものです」

Private Division の製作責任者のマイケル・クックは、次のようにコメントしています。「Start Theory と共に、従来バージョンでの太陽系を大きく超えて探検することを可能とする、これまでよりも大幅に大きなゲームプレイの基盤を新たに構築することができました。KSP のスピリットはそのまま、このシリーズならではの部分を残した形で Kerbal シリーズを拡大することができて、ワクワクしています。 KerbalSpace Program 2 は、全く新しい世代の宇宙探検家たち、宇宙飛行士の卵たち、そして天文学者たちの情熱に火をともすことになるでしょう。これこそ、私たちが私たちの作るゲームを愛してやまない理由です」

Kerbal Space Program 2 の PC 版は、2020 年春に Steam で 59.99 ドルでデジタル形式で販売開始となります。その後間もなく、PlayStation®4 と Xbox One X を含む Xbox One シリーズの端末上でもリリースされます。Kerbal Space Program 2 は、ESRB の審査を完了していません。Kerbal Space Program 2 に関してさらに詳しくは、YouTube でチャンネル登録するか、Twitter でフォローするか、Facebook でファンになるか、または www.KerbalSpaceProgram.com をご覧ください。

Kerbal Space Program 2 トレイラーはこちら:https://youtu.be/P_nj6wW6Gsc

Private Division は、Take-Two Interactive Software, Inc.(NASDAQ:TTWO)のパブリッシングレーベルです。

【Star Theory Games について】

Star Theory Games は、ワシントン州のベルビューに拠点をおく 2008 年に設立された独立のゲーム開発スタジオで、Uber Entertainment から名称変更しました。

Monday Night Combat、Planetary Annihilation、Microsoft Flight Simulator 等の開発に携わった経験のある航空宇宙が専門のエンジニアとデザイナーが集結しています。Star Theory Games は様々なジャンルやプラットフォームで、新しいアプローチやアイデアを試すユニークなゲームの開発に注力しています。

【Private Division について】

Private Division は、開発会社にフォーカスしたゲーム販売会社。

情熱を持ってゲームを開発する独立系スタジオを応援し、世界規模でそのタイトルが評価され、商業的成功を収めるのに必要なサポートを提供する。同社は Kerbal Space Program を販売し、今後もObsidian Entertainment、Panache Digital Games、V1 Interactive といったクリエイティブな才能で有名なスタジオのタイトルを発売する予定だ。本社はニューヨーク市にあり、シアトルとミュンヘンにオフィスを構える。詳しくは www.privatedivision.com を参照。

Private Division は、Take-Two Interactive Software, Inc. (NASDAQ:TTWO) の販売レーベルでもある。

【Take-Two Interactive Software について】

ニューヨーク市に本社を置く Take-Two Interactive Software, Inc. は、世界中の消費者を対象とするインタラクティブエンタテインメントの開発、販売、宣伝の大手。主に、完全所有するレーベル Rockstar Games と 2K の他に、Private Division レーベル、そしてモバイルゲームの大手開発会社 Social Pointを通して、製品を開発・販売している。製品はコンソールシステムと、スマートフォンやタブレットを含むパーソナルコンピューター向けにデザインされ、実店舗、デジタルダウンロード、オンラインプラットフォーム、クラウドストリーミングサービスで販売する。同社の普通株は NASDAQ で、TTWO のシンボルで株式公開されている。企業及び製品に関する詳しい情報は、http://www.take2games.com を参照。

ここに含まれている商標および著作権はすべて、各所有者に帰属する。

情報元及びイメージ:プレスリリース, PC Gamer, Kerbal Space Program Forum

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.