2020年4月の発売が迫る期待作「サイバーパンク2077」の開発がいよいよ最終段階に突入、アラサカ兵を描いた未見のアートワークも

2019年11月25日 10:41 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Cyberpunk 2077」

先日ロンドンで開催された第37回“Golden Joystick Awards”にて、2年連続で期待作部門を制した「サイバーパンク2077」ですが、週末にCD PROJEKT REDが実施した2019年第3四半期報告にて、本作に関する最新の進捗がアナウンスされ、2020年4月16日の発売に向けた開発がいよいよ最終局面を迎えたことが明らかになりました。

第3四半期のハイライトを映像で報告したCD PROJEKTのPiotr Nielubowicz氏によると、“サイバーパンク2077”の開発が最も重要な最終段階を迎え、内外でテストが開始されたほか、各対応言語向けのコンテンツローカライズがスタートしたとのこと。

また、四半期報告(参考:IRページ)の各種レポートに“サイバーパンク2077”の未公開アートワークが用いられており、初のお披露目と思われるアラサカ社の兵士達が登場。ナイトシティメトロに乗る“V”とエントリーツールを手に地下鉄への突入を試みるアラサカ兵を描いた非常に興味深い内容となっています。

「Cyberpunk 2077」
最新の四半期報告に用いられたアートワーク、ナイトシティメトロに乗るVと突入を試みるアラサカ兵
「Cyberpunk 2077」
ロゴも確認できるアラサカ兵のアップ、後頭部から延びるアンテナのシルエットが印象的
情報元及びイメージ:Game Rant, Twisted Voxel

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.