噂:レンチを片手に戦うヒロインの冒険を描く2Dプラットフォーマー「Iconoclasts」のXbox One版が1月23日に発売か、Microsoftストアに商品ページが登場

2020年1月6日 16:23 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Iconoclasts」

2018年1月に、PS4とPS Vita、PC、Mac、Linux向けのローンチを果たし、同年8月にはNintendo Switchにも対応したJoakim Sandberg氏の2Dプラットフォーマーアクション「Iconoclasts」(アイコノクラスツ)ですが、新たに国内外のMicrosoftストアにXbox One版“Iconoclasts”の商品ページが登場し、近くXbox One対応がアナウンスされるのではないかと注目を集めています。

今のところ、開発を手掛ける“Konjak”ことJoakim Sandberg氏とパブリッシャBifrost Entertainmentは正式なアナウンスを行っていませんが、海外Microsoftストアの商品ページには2020年1月23日配信の表記が確認できます。

参考:日本語Nintendo Switch版“Iconoclasts”のリリーストレーラー

■ このゲームについて

メカニックになって人助けをしたいと願う少女、ロビン。しかし正規の資格がないために「マザー」に罪人とみなされてしまう。

ロビンが1本のレンチを拾って以来、世界はおかしくなってしまった。世界を元に戻したいと考えるロビン。だが愛する人たちに次々と「聖罰」が降りかかり、不気味なワン・コンサーンのエージェントが彼女を追ってくる。

しかし、その背後では何かもっと大きな事が起きているようだ ― アイボリーと呼ばれる燃料の不足や、個人どうしの争いよりも大きな何かだ。ロビンはそれに巻き込まれてしまったのだ。

  • ナットを回せ! 充実のプラットフォームアクションアドベンチャー
  • 緻密に作り込まれた多くのエリアは、良く練られたアクションとパズルが盛りだくさん
  • ギアをガシャガシャ回しながら立ちはだかる、画面いっぱいのボスキャラが20体以上!
  • 3段階の難易度設定と、独自のスキルシステムでゲームを攻略可能
  • 壮大で切ない物語。一人のメカニックが全世界を救えるだろうか?

インディー開発者 Joakim Sandberg (ヨアキム・サンドバーグ) が実に7年を費やした力作。爽快なアクション、面白おかしなシチュエーション、そして心を揺さぶる個人的な物語をご体験あれ。

情報元及びイメージ:Microsoft Store, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.