戦車やサメまでゾンビ化する「Zombie Army 4: Dead War」の基本を分かりやすくまとめた本格的な解説トレーラーが公開、発売は2月4日

2020年1月16日 11:00 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Zombie Army 4: Dead War」

先日、キャンペーンの冒頭やHordeモードを紹介する本格的なプレイ映像をご紹介した“Zombie Army”シリーズ最新作「Zombie Army 4: Dead War」ですが、2020年2月4日の発売が迫るなか、新たにRebellionが本作の基本を分かりやすくまとめた101解説トレーラーを公開しました。

新たなキャンペーンの多彩なロケーションをはじめ、戦車やサメまでゾンビ化する敵勢力と新クラス、固有のアビリティとセカンダリショットを備えた数々の武器、バリエーション豊かな環境インタラクションと装備、シリーズを象徴するキルカム、100ランクのプログレッション、Wave形式のHordeモードなど、最新作の多彩な要素が確認できる最新映像は以下からご確認ください。

Zombie Army 4:Dead War

あの『Sniper Elite 4(スナイパーエリート 4)』制作陣による最新作。ヒトラー率いるゾンビ軍団と戦え! 背筋も凍るアクションシューターここに再臨!想像を絶するおぞましい敵、強力な武器、1~4人でプレイできる最強のキャンペーンモードが君を待つ。舞台は1940年代のヨーロッパ、群がる死人どもを蹴散らし人類を救え!

『Zombie Army 4:Dead War』スタンダードエディションを事前購入して、追加キャラクターパック「The Undead Airman」をもらおう!

ショッキングな新キャンペーン

我らがレジスタンスはゾンビヒトラーを倒し、奴を地獄に叩き落としたはずだった…しかし死人どもはますます飢えた状態で復活した!

『Zombie Army Trilogy(ゾンビアーミートリロジー)』のもうひとつのあり得たかもしれない歴史として新しいレベルが登場。イタリアからヨーロッパ全土に勢力を広げようとする生き残り軍団の不穏なる計画の全貌を暴け!

死骸だらけの運河で邪悪な軍勢と戦い、Zombie Zooを生き延び、今まで誰も訪れた事がない不可解な場所へと旅して無事生還せよ!

大好評のガンプレイ

シュータージャンルに新たな息吹を吹き込んだ『Sniper Elite』シリーズで定評のRebellionのガンファイト。今回は群がるゾンビを相手に、圧倒的なそのゲームプレイが楽しめる!

キル&切断カメラがアップグレード

X線キルカメラ復活!銃弾や爆弾が骨や組織を砕く様をX線のスローモーションで観ることができる。自分に押し寄せるゾンビの手足を銃弾が切り裂く映像を楽しめ!

奥の深い成長とカスタマイズ

レベルアップを重ねながら自分にぴったりのキャラクターを作れ!チームメイトの盾になる守護天使。砲台好きであれば、砲台を装備することも可能。自分の好みのスタイルで敵を倒し、コスチュームやエモート、あおりアクションをアンロックしよう!

驚異の近接戦

ゾンビに取り囲まれたら、グレードアップした近接戦闘で反撃せよ!群れに飛び込み、ゾンビのアタマを蹴散らしながら、恐るべき必殺技で敵を蹂躙せよ!

豪華な武器群

ワークベンチでは、炎や雷、神のエッセンスの力を利用して銃器をアップグレードしたり、手作りの傍若無人な兵器を作ることができる!電撃を発するアサルトライフル。炎を吐く銃剣ピストル。人類最後の戦いにはどんな武器だってありなのだ!

多彩な敵の数々

グールの格闘戦士やアーマー装備の巨大なエリート、恐怖のシャドーデーモンや自爆する将軍などオドロキ満載の敵の群れが登場!ZOMBIE TANKをひと目見れば、この戦いを挑んだこと自体を後悔することだろう!

さらに壮大でエキサイティングなHorde Mode

一段と充実したHorde Modeで長時間の虐殺が楽しめる。長い間生き残れば生き残るほど、デカいマップが手に入る。さてキミはゾンビの仲間入りをする前にどれだけ戦い続けることができるのだろうか?

情報元及びイメージ:VG247

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.