権利問題で頓挫した傑作「No One Lives Forever」シリーズの再販はまだあきらめていない、Night Dive Studiosが改めて明言

2020年1月20日 12:16 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「No One Lives Forever」

数々の現世代向けPCリマスターを手掛ける“Night Dive Studios”が2014年5月に関連商標4種を米国特許商標庁に出願し、再販と復活に向けた取り組みを進めていたものの、リリースを目前に複雑な権利問題から計画そのものが頓挫していた傑作スパイFPSシリーズ「No One Lives Forever」ですが、新たにNight DiveのCEO Stephen Kick氏がPC Gamer最新号にて“No One Lives Forever”に対する取り組みについて言及。Night Diveがシリーズの再版をまだあきらめたわけではないことが明らかになりました。

“No One Lives Forever”を権利問題の地獄から救い出し、デジタルで再リリースする必要があると語ったStephen Kick氏は、以前に再販を試みたが失敗に終わった経緯を挙げ、“No One Lives Forever”が企業の混乱に巻き込まれていると説明。一方で、そういった状況が永久に続くわけではないと語った氏は、何れ(NOLFを手掛けたMonolithの親会社である)Warner Bros.の誰かがこのデタラメな状況を切り抜け、GOGやSteamといったしかるべき場所で“No One Lives Forever”が再び入手可能になるだろうと伝えています。

なお、今のところ“No One Lives Forever”の権利問題や進捗に関する具体的なディテールは提示されておらず、さらなる続報と事態の好転に期待が掛かる状況となっています。

まだ「No One Lives Forever」の再販をあきらめていないと語ったStephen Kick氏

余談ながら、Night Dive Studiosの“No One Lives Forever”再販に関するプロジェクトは、一旦Warner Bros.の許可を得て、Monolithからソースコードを入手した上で、初代“The Operative: No One Lives Forever”と続編“No One Lives Forever 2: A Spy in H.A.R.M.’s Way”の最新版と拡張、オリジナルに導入されるべきだったバグ修正まで開発し終え、OSXやLinuxを含む現行OSで動作する製品版に近いビルドが完成していただけでなく、Steam機能も実装まで完了していたことが判明していました。

また、前回計画が頓挫した際には、本シリーズの権利がWarner Bros.だけでなく、Activisionや20世紀フォックス(※ Fox Interactive)にも分散しており、そもそも企業間の権利状況を当事者達が把握していなかった旨が報じられていました。

参考:“No One Lives Forever 2: A Spy in H.A.R.M.’s Way”のトレーラー

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.