本日発売を迎える「Journey To The Savage Planet」のローンチトレーラーがお披露目、Alex Hutchinson氏率いるTyphoon Studiosのデビュー作

2020年1月28日 23:43 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Journey To The Savage Planet」

かつて“Assassin’s Creed III”や“Far Cry 4”の開発を率いたAlex Hutchinson氏の新スタジオ“Typhoon Studios”のデビュー作として、2018年末にアナウンスされた期待作「Journey To The Savage Planet」ですが、新たにTyphoonが本日迎える発売に先駆けて、未開の惑星を探索する本作のハイライトをまとめたローンチトレーラーを公開しました。

PS4とXbox One、PC向けの新作“Journey To The Savage Planet”は、未知の惑星に不時着した宇宙開発企業Kindred Aerospaceの社員が主人公となる一人称視点のアクションアドベンチャーで、装備や十分な準備が整っていない状態で謎の惑星を調査する冒険を描くほか、コメディタッチのアプローチやクラフトシステム、サバイバル要素を特色としています。

今回は本作のローンチトレーラーに加え、愉快な開発映像とGameSpotが公開した2本のゲームプレイ映像をまとめてご紹介します。

“Journey To The Savage Planet”のローンチトレーラー
クリーチャーのリアルな尻の穴に熱意を注ぐ開発者達のメイキング映像
こちらはクリーチャーのモーションキャプチャー(手打ち)にスポットを当てるメイキング映像
参考:(ネタバレ注意)GameSpotが公開した冒頭27分のゲームプレイ映像
参考:GameSpotが公開したボス戦のゲームプレイ映像

“Journey To The Savage Planet”の商品概要

いざ、冒険へ

このカラフルな協力アドベンチャーゲームで「Kindred Aerospace」社の新入社員になりましょう。 ロクな装備も与えられずに未開の惑星へ降り立ったあなたは、その星が人類の居住に適しているかを調べることになりますが、あなたが最初の来訪者ではないかもしれません…

  • 2プレイヤーのオンライン協力プレイ:一人で遊ぶか、友達と遊ぼう。 いざ、冒険へ!
  • 探索、戦闘、カタログ収集:惑星AR-Y 26にある4種のバイオームを調査して、自分のペースで植物と動物をスキャン、カタログ収集しよう。 それぞれ異なる習性、脅威、能力を持つ30種以上の生物を見つけよう。 数百のコレクションアイテムとシークレットを見つけながら、プレイヤー主導のクエストを達成しよう。
  • アップグレードして進行:レーザーピストル、ジャンプ力強化用のロケットパック、高速落下用のロケットブーツなどを見つけて、新しいエリアへ入れるようにしよう。 頼れる3Dプリンタでどんな宇宙で見つけたガラクタも、役に立つアイテムに変換できる!
  • 秘密を暴け:本当にこの星で一人きりなのか? この星を調査して、謎を解明しよう。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.