マルチプレイヤーにスポットを当てる「Wargroove」の新拡張“Double Trouble”が配信、国内向けのローンチトレーラーも

2020年2月8日 17:25 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Wargroove」

先日、海外向けの配信日が2月6日に決定した「Wargroove」の大規模な無料DLC“Double Trouble”ですが、昨日予定通りPCとNintendo Switch、Xbox One向けの配信が開始され(PS4も近日中にリリース予定)、Chucklefishが日本語版のゲームプレイを収録したローンチトレーラーを公開しました。

“Double Trouble”は、Co-opプレイに焦点を当てる大型無料DLCで、3人の新たな指揮官やシーフと銃士を含む2種の新ユニット、新しいアーケードミッション、ストーリー、オンラインロビー、火山をテーマにしたバイオーム、日本語を含む11言語対応といった要素を特色としています。

Wargroove: Double Troubleで新たな指揮官たちと共にアウトローをまとめ上げ、戦略的勝利へ導け!

Wargroove: Double Troubleでは、マルチプレイ可能な新しいストーリーが追加され、アウトローの指揮官たち、強大なウルファー、双子のトラブルメーカー・エロールとオーラ、そして悪事を働くヴェスパーと出会えるぞ。

予期せぬ誘拐と法外な身代金の要求を受けたせいで、君のゴロツキ集団はオーラニアでかつてないほど大掛かりな強奪をするしかない。ヘヴンソングの皇宮、フェルハイムのストーンマウンテン要塞、チェリーストーンのセランダイン墓所、フローラのアイアンルート保護地…各地の金持ちから略奪するのだ。だが、君にその仕事をやり遂げる力があるかな?

一筋縄ではいかないだろうが、少なくとも2つの新しいユニット、シーフと銃士が思いのまま動かせるぞ!この新顔たちを戦略的に使おう。シーフを送り込んで敵のゴールドを漁り、銃士を慎重に配置して敵の部隊をやっつけるのだ。

■ 新要素

  • マルチプレイ用の新しいストーリー(オフラインマルチ、オンラインマルチ、ソロのいずれでもプレイ可能)
  • 新しい3人のゴロツキ指揮官
  • 新しい2ユニット―シーフと銃士
  • 新しいアーケードミッション
  • オンラインのクイックプレイ対戦用マップ
  • パブリック/プライベートなマルチプレイ用ロビー
  • オンラインでプレイ可能なカスタムマップ
  • 火山がテーマの新たなマップと、カスタムエディターツールのさらなるアップデート
  • Phonetic Hero作曲のアウトロー音楽
  • 他にも盛り沢山!
情報元及びイメージ:ニンテンドーeショップ, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.