FPSとRTSを融合させた独創的なSci-Fiシューター「Disintegration」の日本語版は2020年秋発売、字幕入りのストーリートレーラーも

2020年5月8日 12:20 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Disintegration」

昨日、海外版の発売日が2020年6月16日に決定したV1 Interactiveのデビュー作「Disintegration」ですが、新たにプライベートディビジョンとV1 Interactiveが国内向けのプレスリリースを発行し、2020年秋に日本語版“Disintegration”の発売を予定していることが明らかになりました。

また、主人公ローマー・ショールがアウトロー達を率いて大国に立ち向かう戦うを描く日本語字幕入りのストーリートレーラーが登場しています。

プライベートディビジョンと V1Interactive が『Disintegration』の 2020 年秋リリースを発表

重武装のグラビサイクルを操り絶滅の危機に瀕する人類のために戦う新作 SF FPS

ニューヨーク州ニューヨーク – 2020 年 5 月 7 日 – プライベートディビジョンと V1 Interactive は、『Halo』の共同クリエイターである Marcus Lehto 氏が新たに設立した 30 人の独立系開発スタジオのデビュー作となる『Disintegration(ディスインテグレーション)』のデジタル版が日本では$49.99 の価格で PC、PlayStation®4、PlayStation®4 Pro および Xbox OneX を含む Xbox One 系のデバイス向けに 2020 年秋にリリースされることを発表しました。

『Disintegration』はリリース時に日本向けに完全ローカライズされる予定です。本作は日本以外の地域では 2020 年 6 月 16 日のリリースを予定しています。

『Disintegration』では SF 的世界観の FPS にリアルタイム戦術要素を融合させた全く新しいゲーム体験を楽しめます。飢饉や資源の枯渇により世界が引き裂かれ、崩壊の危機にある惑星で、人類は種の存続のためにロボットの体に人間の脳を移植する機械転向というプロセスを開発しました。続く混乱の中で、レイヨンと呼ばれる好戦的な軍事組織が権力を手にし、自らの権力基盤を固めるためにかつては任意の手段だった機械転向を残った人類に強制し始めています。

プレイヤーは凄腕のグラビサイクルパイロット、ローマー・ショールとなり、アウトローたちの小部隊を率いて絶大な力を持つレイヨンに立ち向かうことになります。刺激的なシングルプレイヤーキャンペーンでは、プレイヤーは様々な武器を搭載したグラビサイクルに乗ったローマーとそのチームを操り、アクションや爆発、予想もつかない展開が続く多彩なミッションでレイヨンに反撃し、わずかに残った人類に生存の希望を繋ぎます。

シングルプレイヤーキャンペーンの詳細については今すぐ YouTube で Disintegration ストーリートレーラー(https://youtu.be/fOjQJX_CO60)をご覧ください。

V1 Interactive の社長兼ゲームディレクターを務める Marcus Lehto 氏が本作について語ってくれました。「私は常にゲームプレイを通じたストーリーテリングを大事にしてきました。『Disintegration』ではこれまで手がけてこなかったメカニクスを中心として思わず引き込まれるような物語を作ることに挑みました。ありきたりな FPS 体験を越えて記憶に残るキャラクターや世界を作り上げることは私の DNA に組み込まれています。もうすぐプレイヤーの皆さんがその物語の一部となってくれることを楽しみにしています」

『Disintegration』ではシングルプレイヤーキャンペーンに加え、PvP マルチプレイヤーでパイロットとそのクルーが競い合う白熱する戦いを楽しめます。6 種の特徴的なマップ上で展開する、3 つの刺激的なゲームモードが用意されています。プレイヤーは様々なスタイルを持つ 9 人の「クルー」から使用する者を選んで多彩なプレイスタイルで戦うことができます。

プライベートディビジョンでリードプロデューサーを務める Kari Toyama 氏も次のように語ってくれました。「ゲームシステムやキャンペーンの刺激的な物語は『Disintegration』のマルチプレイヤー対戦をさらに数段階盛り上げてくれます。素晴らしい体験が待っているのです。クルーにはそれぞれの外見と戦闘スタイルがあり、V1 Interactive のチームはこの多彩なクルーを通してマルチプレイヤーに楽しさと個性を盛り込んでいます」

マルチプレイヤーにはパイロットやクルーのスキン、グラビサイクルの外観のカスタマイズ、そしてバナーなど、多種多様な装飾用のアイテムが用意され、購入できるほか、ゲーム内で獲得することも可能となっています。リリース時のマルチプレイヤーコンテンツに加えて、それ以降もシーズン毎の追加コンテンツで V1 チームによるサポートが続きます。

『Disintegration』のデジタル版は日本では 2020 年秋に PlayStation®4 と Xbox One、および PC 向けに Steam などのデジタルストアで$49.99 で発売を予定しています。『Disintegration』は ESRB の T 指定(対象年齢 13 歳以上)となっています。詳しくは YouTube のチャンネル登録、Twitter のフォロー、Facebook のファン、Discord のコミュニティにご登録いただくか、www.disintegrationgame.com をご覧ください。

Private Division は Take-Two Interactive Software, Inc.(NASDAQ:TTWO)のパブリッシングレーベルです。

V1 Interactive について

V1 Interactive は美しい太平洋岸北西部のシアトル近くで活動しています。『Halo』と『SOCOM: US Navy SEALs』の共同制作者により設立された本チームには AAA 級のゲームで鍛え上げられたベテランと新鋭の優秀な開発者達がそろっています。才能と熱意に溢れる 30 人ほどの開発者からなる V1 は、素晴らしいクオリティのゲームの制作に専念する、小規模でも機敏な開発スタジオです。

Private Division について

Private Division は情熱をもってゲームを開発する独立系開発スタジオに力を貸す、開発系パブリッシャーです。同時に、開発されたタイトルが世界規模で高評価と商業的な成功を収めるために必要なサポートも提供しています。本レーベルがパブリッシャーとなったタイトルには Panache Digital Games の『Kerbal Space Program』シリーズや 『Ancestors: TheHumankind Odyssey』、Obsidian Entertainment の『The Outer Worlds』、V1 Interactive の『Disintegration』があります。現在も未発表ながら新しいプロジェクトの開発が進んでいます。Private Division の本社はニューヨーク市にあり、支社がシアトル、ラスベガスおよびミュンヘンに設置されています。詳細は www.privatedivision.com をご覧ください。

Take-Two Interactive Software について

ニューヨーク市に本社を置く Take-Two Interactive Software, Inc.は世界中のお客様にインタラクティブ・エンタテインメントをお届けする、ゲーム業界をリードするデベロッパー、パブリッシャーでありマーケターです。弊社のラベルである Rockstar Games、2K、Private Division および、モバイルゲーム開発で業界をリードする Social Point において製品を開発および販売しています。弊社の製品は家庭用ゲーム機および PC、スマートフォンおよびタブレット向けに開発され、実店舗における小売り、デジタルダウンロード、オンラインプラットフォームおよびクラウドストリーミングサービスにて販売されています。弊社の普通株は NASDAQ において TTWO のシンボルで公開の取引が行われています。企業情報および製品情報の詳細については弊社の公式ホームページ http://www.take2games.com をご覧ください。

本記事に含まれる全ての商標および著作権はそれぞれの所有者に帰属します。

将来予想に関する注意事項

本記事に含まれる歴史的事実以外の記述は、米連邦証券法に基づく将来予想とみなされ、「期待」、「確信」、「推測」、「予想」、「意図」、「計画」、「可能性」、「予測」、「見通し」、「希望」、「……べき」、「……だろう」などの言葉や、その類義語により記述され、弊社の将来の業績や財務状態の見通しなどを含みます。そのような将来予想の記述は、弊社の現在の経営に関する見解および経営陣が知りうる情報に基づき仮定されたものであり、内包される不確実性やリスク、予測困難な状況の変化などに影響されます。実際の業績等は、弊社の主要な経営および開発人員、『Grand Theft Auto』関連製品およびその他のヒット作品を開発する能力、弊社ゲームの適時のリリースおよびマーケットにおいてゲームが受け入れられる度合い、弊社ゲームの適正価格の維持、国際取引に伴うリスクなどの様々なリスクや不確実性により、見込みから大きく異なるものになる場合があります。その他の重要な要素および情報は、リスクについてまとめた「Risk Factors」セクションを含む弊社の最新の Form 10-K 年次報告書や、Form 10-Q における弊社の最新の四半期実績報告書、および米証券取引委員会に提出されたその他の定期報告書にてご覧いただけます(www.take2games.com)。

これらの注意事項はすべての将来予想の記述に適用されるものであり、作成された日付に基づいて適用されます。新たな情報、将来の事象、その他の自体の発生に関わらず、弊社は将来の見通しを見直して改訂する義務を負いません。

「Disintegration」
「Disintegration」
「Disintegration」
「Disintegration」
「Disintegration」
「Disintegration」
「Disintegration」
「Disintegration」
「Disintegration」
「Disintegration」
「Disintegration」
情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.