「Assassin’s Creed Valhalla」は暗殺時にMortal Kombatスタイルのゴア描写を導入、ディレクターBenoit Richer氏が確認

2020年7月18日 13:54 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Assassin’s Creed Valhalla」

昨日、主人公エイヴォルに焦点を当てるキャラクタートレーラーをご紹介した人気シリーズ最新作「Assassin’s Creed Valhalla」ですが、新たに本作のアサシンブレードを利用した暗殺時にまるで“Mortal Kombat”シリーズのような体内の破壊描写を導入することが判明し話題となっています。

これは、先だって公開されたゲーム紹介トレーラーの最後にMortal Kombat的なX線演出を含むフィニッシュムーブが見られたことから、単なるトレーラーの演出か、それとも戦闘システムに組み込まれる新要素かと注目を集めていたもの。

この疑問について、新たに本作のディレクターBenoit Richer氏が言及し、件の演出が実際のゲームプレイ中に生じるだけでなく、プレイヤーが自らトリガーできる要素であることを明言しています。

今のところ、このトドメに関する具体的なディテールは不明ですが、先だって公開されたハンズオンプレビューの大規模戦や斧を用いた戦闘時には同様の演出が確認できず、装着箇所が手の甲側に変更となったアサシンブレード専用の演出となるか、(国内の対応を含め)今後のさらなる続報に期待が掛かるところです。

参考:先日公開された字幕入りゲーム紹介トレーラー、件のX線演出は5分23秒あたりから確認できる

ヴァイキングとなり伝説を残せ

時は9世紀。恐れ知らずの戦士として育てられたヴァイキング「エイヴォル」となり、戦士団を率いて、氷に閉ざされたノルウェーから緑豊かな農地が広がるイングランドを目指せ。ヴァルハラに迎え入れられるため、定住地を築き、敵地を征服せよ。

ヴァイキング時代のイングランドは、諸侯や王国どうしの争いによって引き裂かれていた。混沌の果てに待つのは、豊かな手つかずの大地。新たな征服者にあなたはなれるか?

ヴァイキングのサーガを残せ

次世代のRPGシステムでイングランドに自らの道を切り拓け。激しい戦いや容赦ない略奪、知略や他の指導者との同盟を駆使して、勝利を手にしろ。戦闘や会話におけるひとつひとつの選択が、栄光へ近づくための一歩となる。

大迫力の略奪を指揮

略奪隊を率いて、サクソン人の軍隊や砦に電光石火のごとく奇襲を仕掛けろ。戦士団のために敵地から富を奪い去り、定住地を発展させて影響力を拡大せよ。

熾烈な戦闘

両手で強力な武器を振るい、ヴァイキング流の容赦ない戦いを追体験。斧、剣、そして盾さえをも武器として、無慈悲な敵に立ち向かえ。近接戦で豪快に斬り倒すか、矢で射抜くか、ヒドゥンブレードで暗殺するか… すべてはあなた次第。

定住地の開拓

戦士団の新たな故郷は、伝説と共に発展していく。アップグレード可能な建物を建設して定住地をカスタマイズしよう。建設可能な建物は兵舎、鍛冶屋、刺青店など多種多様。建物が増えるごとに新たな機能やクエストも解禁される。

自分だけのヴァイキングをシェア

自分の作成したヴァイキングをオンラインでシェアしたり、他のプレイヤーが作成したヴァイキングを雇用しよう。シェアしたヴァイキングがフレンドと共に戦えば、楽々と報酬が手に入る。

暗黒時代のオープンワールド

極寒の北海を渡り、イングランドの荒廃した王国を征服せよ。狩りや酒飲み勝負を満喫し、ヴァイキングの伝統競技「口論詩」に挑め。「口論詩」とは、言うなればヴァイキング流のラップバトル。痛烈な言葉で相手を打ちのめしてやれ。

情報元及びイメージ:Polygon

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.