新スキンやホロスプレーを導入する「Apex Legends」シーズン6バトルパスのトレーラーが公開、クラフトシステムの詳細も

2020年8月18日 9:50 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Apex Legends」

先日、ランパートのゲームプレイ映像がお披露目され、シーズン6“ブーステッド”の解禁がいよいよ数時間後に迫る「Apex Legends」ですが、新たにRespawn Entertainmentがシーズン6のバトルパスに含まれる新コンテンツ“ホロスプレー”や多彩な新スキン、多数の報酬を紹介する日本字幕入りトレーラーを公開しました。

また、ランパートの特性やマップの新要素等に焦点を当てる30分の本格的な解説映像が登場したほか、シーズン6の大きな新要素となるクラフトシステムの詳細が判明しています。

シーズン6“ブーステッド”のバトルパストレーラー
新レジェンドやマップの刷新、クラフトを含むシーズン6の解説映像

シーズン6でクラフト三昧

敵を倒さずにインベントリを満たしましょう。新たに登場するクラフトシステムについて、詳細をご紹介します。

こんにちは皆さん!Mark Yampolskyです。「エーペックスレジェンズ」でシステムデザイナーを務めています。エーペックスレジェンズ シーズン6:ブーステッドでは、プレイヤーがインベントリを活用してアイテムを作成できる新たな手段を実装します。それが「クラフト」です。

どのバトルロイヤルでもプレイヤーはマップ上を探索し、アイテムを収集します。その大部分はインベントリに集められます。攻撃を得意とするプレイヤーがアイテムを獲得するには、戦って敵を倒すことが最良の方法となります。一方で防御重視の置くプレイヤーや、アイテムをなかなか手にできないプレイヤーは、戦闘中に不利な状況に追い込まれてしまう傾向にあります。

このクラフトという新要素で、私たちは終盤のバトルでも役に立つアイテムを入手できるようにしたいと考えています。そして戦闘だけではなく、マップの探索やエリアを移動することも含めた、多様なプレイスタイルをお楽しみいただければと思います。

探索と所在地

マップには材料を集める機会を存分にご用意しています。これを使って新たなアイテムを作成しましょう。マップ内の特定のポイントでは、素材を抽出できるデバイスを見つけることができます。キャパシターやエピセンターのように有名な場所にあるかもしれませんし、馴染みのないちょっとしたエリアで見つけることになるかもしれません。また所在地はマッチごとに変わっていきます。アイテムボックスを開けることでも、材料が少量手に入ります。

そしてこれらの材料をレプリケーターへ。材料から新しいアイテムを生成する3Dプリンタのように考えてみると分かりやすいでしょう。地上に出現したアイテムを獲得することに加えて、マッチを通じて材料を集めて新しい武器や装備、消耗品などを作成することができます。これら2つのシステムを組み合わせれば、敵部隊と堂々と対峙できる強力なキットを所持することができるでしょう。

「Apex Legends」

クラフトシステムの対象

十分な素材があれば、レプリケーターに作成可能なアイテムが最大8種類表示されます。これらのアイテムの中には毎日あるいは週単位で変更されるものもあり、ゲームモード選択画面やマップ画面にていつでも作成可能なアイテムを確認することができます。

ウィークリー – 装備とハイティアの消耗品を入手できます。バックパックやヘルメット、またはノックダウンシールドやモバイルリスポーンビーコンなどが含まれます。

デイリー – 武器とアタッチメントを入手できます。日替わりで登場する武器と互換性を持つアタッチメントが必ず対象となります。他の武器にも取り付け可能である場合が多いアイテムとなっています。EVA-8 + ダブルタップ + スレットスコープ(1倍)をクラフトできるようなこともあるでしょう。ウィングマン + スカルピアサー + ヘビーマガジン(パープル)といった組み合わせになることもあります。武器はショットガンからLMG、スナイパーライフルに至るまで、すべてのカテゴリーが対象で一定期間ごとに切り替わります。

レプリケーター内に常に表示され、常時作成できるアイテムもあります。アモや医療キットに加えて、状況に応じて大きな効果を発揮するユニークなアイテムも含まれています。

進化式アイテムのアップグレード

進化式アーマーはレプリケーター内に配置することが可能です。そうすることでレベルアップに使う必要進化ポイントの量を減らすことができます。アーマーが次のティアまでもう少しという場合には、すぐにアップグレードされる場合もあります。進化したアーマーを手にするまでは無防備になりますが、回収時には再チャージされ、ダメージが完全回復した状態のものが手に入ります。

これから紹介する仕様変更は特に興味深いものです。シーズン6ではすべてのアーマーが進化式となります。アップグレード方法は複数あります。ダメージを与える、材料を集めてクラフトする、あるいは幸運が味方をすればハイティアアイテムが手に入る地点でパープルのアーマーを回収することもあるかもしれません。私たちはあらゆるプレイヤーの皆様にキットを作成する機会を提供し、それを活用して勝利する喜びを堪能して欲しいと願っています。

「Apex Legends」

新たな経路を導き出す

クラフトを最大限に活用するには、ゲーム内のマップや経路をしっかりと把握することが求められます。マッチごとに材料とレプリケーターが発見できる場所は異なります。そのためクラフトを目的としてプレイする場合、毎回新たな経路を選択する必要があります。ある場所では材料数が他より多く見つかることもあります。欲しいアイテムのクラフトに必要な材料が近い場所に配置されていることもあるでしょう。

マッチ中終盤ではレプリケーターが上空からエアドロップで降ってくる場合があります。苦労して集めた材料でアイテムをクラフトする機会を確実に提供するために、このようなアイディアも実装しています。

また、クラフトシステムの対象となっているアイテムは、地上にはスポーンしない仕様です。R301とアンビルレシーバーがクラフト可能な状態の場合、その火力が必要ならば、レプリケーターを見つけ出すことが求められます(材料が揃っている場合)。これは複数の場所に出現するため、いつでも情報を確認しやすくなっています。

クラフトを完了させる

クラフトシステムはとても奥深い仕様となっています。毎週あるいは1日単位で対象が変更され、組み合わせも入手場所も異なります。ぜひ工夫しながらクラフトシステムを活用してみましょう。各マッチで毎回違う楽しみを味わいながら異なるアイテムを獲得できる、やり込みがいのあるシステムとなっています。

Mark Yampolsky

「エーペックスレジェンズ」のシステムデザイナー

シーズン6 – ブーステッド バトルパス

シーズン6で君の実力を見せつけよう

新作バトルパスを手に入れて、100個以上のアイテムをアンロック。

コレクションを強化しよう

バトルパスを購入すると、センチネルのレジェンダリースキン「ロールケージ」と、レジェンドの新しいレアスキン3種が即座にアンロックされる。

そして残り100レベルを戦い抜き、パスファインダー用の「スピード狂」やブラッドハウンド用の「ロードウォリアー」、G7の可変式「ハイパーソニック」など、レアとレジェンダリーのさらなる報酬アイテムを獲得しましょう。

バトルパス報酬

シーズンを通じて、100個以上のアイテムをゲット。シーズン終了前に手に入れたアイテムはすべて、終了後も無期限に愛用可能です!

  • 言葉は要らない、スプレーしよう。ホロスプレーが新登場
  • 新しいスカイダイブエモートで注目を浴びよう

無料報酬

「エーペックスレジェンズ」シーズン6をプレイすることで、もれなく以下の報酬を獲得可能:

  • カスケードランパート
  • Apexパック5個
  • 全レジェンド用のシーズン6勝利数トラッカー

戦いを始めよう

バトルパスを手に入れるには、「エーペックスレジェンズ」を起動してストアのバトルパスタブを開きましょう。950 Apexコインのバトルパスか、2,800 Apexコインのバトルパスバンドル(4,700 Apexコイン相当のコンテンツを収録)を手に入れれば、準備は万端。アリーナに降り立ち、レベルを上げるごとに新しい報酬をアンロック。

バトルパス報酬:シーズン6バトルパスでプレイをさらに充実。プレイを進めてレベルを上げれば、限定報酬をアンロックすることができます。950 Apexコインを支払いゲーム内で購入

バトルパスバンドル:バトルパスを手に入れ、いますぐシーズン6のレベルを25段階アンロックしてパスファインダー用スキン「スピード狂」を手に入れよう。ゲームから2,800 Apexコイン(4,700 Apex コイン相当のコンテンツを収録)で購入可能

情報元及びイメージ:EA, EA

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.