PC向けの製品版ローンチを果たした「Risk of Rain 2」の最終コンテンツアップデートと今後の拡張展開がアナウンス、Stadia対応も

2020年9月14日 14:14 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Risk of Rain 2」

2017年5月のアナウンスと1年4ヶ月の早期アクセス運用を経て、今年8月中旬に待望のPC製品版ローンチを果たした「Risk of Rain 2」ですが、新たにHoopoo GamesがPC版の今後について言及し、最終コンテンツアップデートのリリースと有料拡張の販売を予定していることが明らかになりました。

“Risk of Rain 2”のStadia対応が決定、コンソール版の移植も進められている
Stadia版にはGhostpunchが手掛けたボーナスマップ“Sundered Grove”が収録される

報告によると、“Risk of Rain 2”の最終コンテンツアップデートは、製品版をスケジュール通りにリリースするために実装が間に合わなかった幾つかのコンテンツ(Sky MeadowのボスやGrandparentボスやロア情報等)を実装するもので、今のところ開発スケジュールやリリース時期は決定していないとのこと。

無料の最終コンテンツアップデート配信後は、有料の大規模な拡張DLC開発へと移行し、1年に1~2回ほど様々なテーマに沿った拡張をリリースするほか、QoL改善やバグ修正、バランス調整を含む無料パッチがリリースされる予定となっています。

また、大規模な拡張DLCの開発にあたって、新たな開発者の雇用も進められ、DLCの収益はこの雇用やコンソール版への移植に充てられるとのこと。

情報元及びイメージ:Steam, Dualshockers

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.