精霊使いの少女の冒険を描く期待作「Kena: Bridge of Spirits」の発売が2021年第1四半期に延期

2020年9月12日 11:09 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Kena: Bridge of Spirits」

先日、PS5版の興味深いディテールをご紹介したEmber Labのデビュー作「Kena: Bridge of Spirits」(PS4/PS5/PC)ですが、新たにEmber Labが当初2020年のホリデーシーズンに予定していたローンチの延期を正式にアナウンスし、新たに2021年第1四半期の発売を予定していることが明らかになりました。

Ember Labの報告によると、新型コロナウイルスの影響によるリモートワークへの移行で開発に遅れが生じており、新たな開発期間を利用して期待に添うブラッシュアップを図るとのこと。

参考:“Kena: Bridge of Spirits”のアナウンストレーラー

冒険とハイペースの戦闘を組み合わせた、ストーリー主体のアクションアドベンチャー。プレイヤーはKenaとして、「Rot」と呼ばれる魅力的なスピリットの仲間を見つけてチームを作り、成長させ、彼らの能力を高め、環境を操る新しい方法を生み出します。

ストーリー

若きスピリットガイドのKenaは、聖なる山の神殿を探すため、荒れ果てた村に旅します。Kenaは、さまよえるスピリットが閉じ込められている生い茂った森に潜む、忘れ去られたコミュニティの謎の解明に奔走することになります。

「Rot」を見つけよう

臆病で幻影的なスピリットは、森中のあらゆる場所にいます。彼らは死者を分解し、物を腐敗させることでバランスを保っているのです。

主な特長

  • 自分のチームを作ろう:Rotを見つけて収集することでパワフルな能力を手に入れ、発見し、世界を変化させていきましょう。
  • 探検:忘れ去られた村と奇妙な呪い。スピリットのパワーを利用して、かつては威厳のあった世界を蘇らせましょう。
  • ハイペースの戦闘:スピリットは堕落し、閉じ込められ、そして先には進めなくなっているため、Kenaはいたるところで困難に直面します。

再掲:先日ご紹介した“Kena: Bridge of Spirits”のディテール

  • 主人公のKenaは、彷徨う魂を安らかな場所へと導く特別な能力を持った精霊使いで、ボイスオーバーが用意される。また、ボイスアクターが幾つかのサウンドトラックで歌っている。
  • 本作の舞台は、日本やバリ等にインスパイアされた架空の土地。主人公Kenaの出身地ではなく、彼女は長い旅を経てこの地に辿り着く。
  • ゲームに登場する黒い小さな妖精は“Rot”と呼ばれる。彼らを見つけることがゲームプレイとストーリーの両方で重要な要素となる。彼らは物を分解する役目を担っており、散らばったことが地域を汚染する原因の一つとなっている。
  • PS5版はRotが最大で同時に100体描画可能。PS4版も100体のRotを発見できるが、描画数は制限される。ただし、Rotの様々なサポート的なアクションそのものにに変化はない。
  • Kenaは杖を用いた弱攻撃、強攻撃、チャージ攻撃が可能で、杖を曲げて弓として用いるアップグレードが用意されている。周囲から身を守るバブル型の盾を生成する能力も利用可能。(※ Ember Labは、以前に“ゼルダの伝説 ムジュラの仮面”をテーマにしたファンメイド映像を手掛けており、ゼルダの3D作品に強い影響を受けている)
  • マイクロトランザクションは存在しない。
  • 外観カスタマイズ要素として、Kenaが着用できる多数の帽子が用意されている。
  • フォトモードの実装を検討中、今のところローンチ時に間に合うか、発売後のアップデートとなるか、詳細は不明。
  • エンジンはUnreal Engine 4を使用。プロトタイプはUnityで進めていたものの、その後Unreal Engineへと移行したとのこと。
  • オープンワールドではなく、村がハブとなり、幾つかの地域に移動可能となる広いリニアなレベル構造を採用している。
  • PS5版は、前述したRotの描画数に加え、森や葉の密度に違いがあるとのこと。
  • PS5版は、コントローラーの機能も大幅に強化されており、強攻撃や弓を用いた攻撃にアダプティブトリガーを利用した抵抗が付与され、実際に弓を引いているような感覚が得られる。また、ハプティックフィードバックは、Rotが右手に飛び乗ったような状況まで再現可能。デザイナーLiz Fiacco氏によると、PS5のフィードバックはオーディオの波形ファイルを利用して制御できることから、PS4に比べ実装の自由度が格段に向上しているとのこと。
  • 価格は60ドル以下を想定しており、PS4版の購入者は無料でPS5版にアップグレード可能。
  • 開発チームには、SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEや Bloodborne、DARK SOULSを含むフロム・ソフトウェア作品のファンが多く、(前述のタイトルほどではないが)挑戦的な最高難易度が用意されている。
  • 発売日は不明ながら、今後数ヶ月のうちに発売される予定。
情報元及びイメージ:PC Gamer, Gematsu

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.