血まみれ収穫祭の導入やゼインの強化を含む「ボーダーランズ3」の新たなホットフィックスがアナウンス、適用はまもなく

2020年10月9日 1:03 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Borderlands 3」

先日、Arms Raceと呼ばれる大規模な新モードの予告をご紹介した「ボーダーランズ3」ですが、新たにGearboxが10月9日分のホットフィックスをアナウンスし、“血まみれ収穫祭”の導入に加え、ゼインの強化調整、一部武器のバランス調整を含む変更を本日午前4時頃に実装することが明らかになりました。

テラー聖別者の調整を含む変更点の詳細は以下からご確認ください。

『ボーダーランズ3』ホットフィックス: 2020年10月9日(金)

本日、「血まみれ収穫祭」が『ボーダーランズ3』に帰ってくるとともに、武器のバランスやオペレーティブのゼインの調整が行われます!一連の変更は日本時間の4:00 AM までに全プラットフォームでご利用いただけるようになります。ホットフィックスを適用するには、メイン・メニューに表示が出るまでお待ちください。これまでと同様に、何か問題にお気づきになった場合はsupport.2k.comまでチケットをお送りください。

「血まみれ収穫祭」が復活するということは、呪われた敵とともに、ヴォルト・ハンターを震え上がらせるステータス効果「テラー(恐怖)」も戻ってくるということです! 呪われた敵が仕掛けてくるデバフ「テラー」は、命中率を下げ、視界を部分的に曇らせます。ですが、こちらは、イベント期間中のみ使用できる聖別者アイテムと組み合わせることで、パワーがブーストされることもあります。。この1年で『ボーダーランズ3』も変わっていますので、テラーが付与された聖別者アイテムのバランスも調整されています。

呪われた敵に遭遇したくないというプレイヤーは、メイン・メニューから「血まみれ収穫祭」イベントを無効にできます。

  • 「血まみれ収穫祭」は日本時間10月9日(金)2:00 AM から11月6日(金)2:00 AMまで開催されます
  • DLC「荒野のヴォルト・ハンター ~血だらけの懸賞金をつかめ」では、オレッタが毎回プレイヤーをウラギリ草の効果を試すエリアへ導くようになります
  • DLC「サイコ・クリーグのカオスな脳内で大暴れ!」で、メイヘムMOD「ギャラクシー・ブレイン」を使用したプレイヤーでもクリーグに話しかけられるようになる他、お宝部屋にも入れるようになります

「血まみれ収穫祭」の武器と聖別者アイテムの変更点

以下の変更点は既存の装備に加え、「血まみれ収穫祭」の期間中に新しくドロップするテラーが付与された聖別者アイテムにも適用されます。

フィアーマンガー

  • テラーレベルごとに発射される弾丸が増加
  • 武器ダメージが増加

ストーカー

  • 武器ダメージが増加

ゴーストコール

  • 武器ダメージが増加

テラーの聖別者アイテム

  • 以下、「」内は従来の効果を示す文言、:以降は調整内容
  • 「テラー中にダメージと発射速度が上昇する。テラーに応じてボーナスは高くなる」:ダメージ・ボーナスが増加
  • 「テラー中にボーナス・クリオ・ダメージを50%与える」:ダメージボーナスを75%に増加
  • 「テラー中に一定確率で敵の弾丸を反射する。テラーに応じてボーナスは高くなる」:ダメージ・ボーナスが増加
  • 「アクション・スキルの終了時に、18秒間に渡って5秒ごとに自身にテラーを与える」:ゲーム内の挙動に合うようにテキストを調整しました
  • セイレーンの聖別者アイテム「敵に『フェーズグラスプ』を発動した後、グラスプされた敵にアマーラがテラー・スカルを放ち、3718ダメージを与える」(レベル50):ダメージ・ボーナスが増加
  • ビーストマスターの聖別者アイテム「『攻撃指令』を使用後に、テラーを全て消費し、短い間FL4Kのペットのファイアー・ダメージが50%増加する」:ダメージ・ボーナスが増加
  • ガンナーの聖別者アイテム「リロード後、テラーを全て消費し、クリオ・ダメージを与えるノヴァが発動する」:ダメージ・ボーナスが増加

武器の変更

  • ダール社製バースト武器:アサルトライフル、サブマシンガン、ピストルの発射速度が増加しました。レジェンダリー武器はこの影響を受けません
  • レーザー・スプローダー:ダメージ上昇率とマガジン容量が増加
  • カンファレンス・コール:最初のターゲットに追加の投射物が命中するようになりました
  • マギー:武器ダメージがわずかに増加
  • サイコ・スタバー:近接攻撃ダメージが増加
  • マスターワーク・クロスボウ:武器ダメージが増加

オペレーティブのゼインへの変更

本日のホットフィックスでゼインのパッシブ・スキルやクラスMODにいくつかの変更を施しました。武器の性能を向上させた後に、それぞれのクラスMODがヴォルト・ハンターの多様性にどのように影響しているかを調べました。さらにコミュニティからいただいたご意見を分析した上で、エンドゲームにおけるゼインのクラスMODがさらに力を発揮できるように調整を入れることにしました。本日強化されるパッシブ・スキルの大多数は、力を発揮できていなかったクラスMODで使用されていたものです。ゼインへの変更は他にも予定しており、今後のホットフィックスやパッチで実装します。

スキルの変更

  • コールド・ボア:ダメージ・ボーナスが増加
    • このスキルは武器変更後の1発目にのみ追加ダメージを発生させます。発生頻度が低い効果なので、ダメージ量を大幅に強化しました。この変更により、マガジン・サイズの小さな武器やスナイパー・ライフルを中心とした新しいビルドも増えます。
  • ダクトテープ MOD:グレネードのクールダウンを半分に短縮しました
    • パッシブ・スキルの価値が、各グレネードのクールダウン時間によって制限されていたため、クールダウン時間を半分に短縮しました。このスキルの効果を最大限活かすには、クールダウン時間と装備するグレネードMODの種類を吟味しましょう。
  • ライク・ア・ゴースト:弾丸を無視する確率が増加、発動中の各アクション・スキルのボーナスが増加
    • ボーナスは、ゼインのアクション・スキルが発動したときのみスタックします。ただし、本作ではアクション・スキルの持続時間を伸ばすことが一般的なため、特にゲーム終盤では発生する頻度が低い状態となっていました。そうしたプレイスタイルを念頭に置いてスキルを調整しました。
  • 光のトリック:ダメージ・ボーナスが増加
    • このスキルのダメージはゼインとそのクローンに狙いをつけている敵の数に影響されますが、これは効果が不安定であることを意味します。そこで追加ダメージを増加させました。
  • キンキンを召し上がれ:クリオ・ノヴァが与えるダメージが増加
  • 無効化ベルト:ダメージ軽減率が増加
    • エレメンタル・ダメージを軽減させるビルドを推奨するため、スキルの効果を強化しました。

クラス MODの変更

  • アンチフリーズ:クリオ・ダメージを受けている最中の移動速度を上昇させました
  • コンダクター:ダメージ・ボーナスが増加
    • このクラスMODのダメージ・ボーナスは、有効なアクション・スキルの残り時間によって決まります。これは「光のトリック」同様、ダメージにばらつきがあると感じることがあります。そこでこのクラス MODの信頼性を高めるため、ダメージ・ボーナス量を増加させました。
  • エグゼクター:ステータス効果を強化しました
    • キル・スキルとして付与されるステータス効果が、効果を実感できるほど強力なものではありませんでした。そこで、それぞれの効果を大幅に強化しました。
  • テックスパート:SNTNLのクールダウンと持続時間のリチャージ確率を増加しました
    • このクラスMODは、ゼインにドローンをほぼ常時起動させる意図で作られましたが、5%のリチャージ確率ではクールダウンと持続時間を十分に維持することができませんでした。そこで、リチャージが発生する確率を上げました。
情報元及びイメージ:,

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.