TGA20:Gone Homeを生んだFullbrightとAnnapurnaの新作アドベンチャー「Open Roads」が正式アナウンス、発売は2021年

2020年12月11日 10:11 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Open Roads」

現在放送中の“The Game Awards 2020”にて、Gone Homeを生んだFullbrightとAnnapurnaの新作「Open Roads」が正式にアナウンスされ、コンソールとPC向けの新作として、2021年の発売を予定していることが明らかになりました。

“Open Roads”は、家族の秘密を探る16歳の少女と母親の旅を描くロードムービー風のアドベンチャーで、親子2人の旅と美しいビジュアルを紹介するトレーラーが登場しており、“アンビリーバブル たった1つの真実”で忘れがたい少女を演じたケイトリン・ディーヴァーと“ジ・アメリカンズ”のケリー・ラッセルの起用が判明しています。

とある秋晴れの日、テス・ディバインと彼女の母親オパールは、家の屋根裏部屋に注意深く隠されていた、古いメモや手紙の入った箱を発見します。 根深い家族の秘密の手がかり、数十年前の強盗事件、カナダ国境近くのどこかで失われた財産…彼女たちが見つけたものは、さらに暗い謎を示唆しており、そのまま触らずにおいておくのが最善のようでした。

しかし、そんなわけにはいきません。

『Open Roads』では、テスとオパールがロードトリップアドベンチャーに乗り出し、長い間忘れられていた一連の家族の所有物を探すことにより、過去を発掘します。 二人は、オパールが長い間かけて忘れようとしてきた、埋もれた記憶の鍵となる場所の跡をまわり調べます。 そして探索するうちに、母と娘は彼女たちが探していた真実だけでなく、お互いを発見することに…。

特徴:

  • 16歳のテス・ディバインとして、母親と共にロードトリップに出かけ『Open Roads』の物語を体験し、時の流れに取り残された記憶を呼びおこす場所を探し、手がかりを発見してください。
  • 次の目的地に向かう途中、車の中でくつろいだり、ラジオをいじったり、お母さんとおしゃべりしたりして、なつかしいロードトリップの雰囲気を満喫。
  • ディテール豊かな一人称視点の環境と、美しい手描きアニメーションのキャラクターが融合した、アドベンチャーに命を吹き込む画期的なアートスタイル。
  • ユニークで興味をそそる、インタラクティブな対話システムが物語を動かし、キャラクターの欠点・秘密・隠された真実を明らかにしていきます。
  • ストーリーゲーム『Gone Home』や『Tacoma』の製作で高い評価を受け受賞歴のある製作チーム、Fullbrightによる母娘旅・ロードトリップアドベンチャー。
情報元及びイメージ:Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.