サイバーパンクなステルスアクションRPG「Disjunction」の発売が2021年1月28日に決定、新たな解説トレーラーも

2021年1月12日 1:27 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Disjunction」

ニューヨークで活動するデベロッパApe Tribe Gamesのデビュー作として2017年に開発が始動し、昨年のSteam Summer FestivalとSteam Game Festival Autumn Editionにてプレイアブルなデモが配信された期待のサイバーパンクステルスアクションRPG「Disjunction」ですが、先ほどApe TribeとパブリッシャーSold Out Gamesが本作の発売日を正式にアナウンスし、PS4とXbox One、Nintendo Switch、PC(Steam/GOG)向けの新作として2021年1月28日の発売を予定していることが明らかになりました。

“Disjunction”は、資源の枯渇や気候変動、危険な薬物の蔓延によってディストピアと化した2048年のニューヨークが舞台となる見下ろし型のステルスアクションRPGで、それぞれに異なる能力を持つ3人のプレイアブルキャラクターや多彩なプレイスタイル、相互に結び付き影響しあう3人のストーリー、展開に大きな変化をもたらすプレイヤーの選択、オーグメントの多彩なアップグレードといった要素を特色としています。

プレイヤー3人の出自や特性、ニューヨークの状況、アクション性の高いステルス戦闘、多彩なアビリティが確認できる最新映像は以下からご確認ください。

時は西暦2048年。著名なコミュニティリーダーの逮捕後、ニューヨークは混乱状態に陥っていた。「Shard」と呼ばれる危険な薬物が裏社会に蔓延し、街中に疑念と疑惑が渦巻いている。先行きが見えない中、真実を明らかにし、ニューヨークの命運を脅かす陰謀を暴くため、3人の鍛え抜かれた市民が立ち上がった。

テクノワールの名作に触発されたDisjunctionは、3つの交錯する物語をたどる緊迫した雰囲気のステルスアクションRPGであり、プレイヤーの行動がその後の展開に永続的な影響をもたらす反応型のストーリーを特徴としています。プレイスタイルは好みに合わせて、さまざまな未来的な技術、サイボーグパーツのアップグレード、そして武器を駆使してテンポの速い戦闘でレベルを突破するもよし、敵を眠らせたり気絶させたりして静かに潜入し、痕跡を残さずに立ち去るもよし。誰も死ぬ必要はない…あなたが殺すと決めない限りは。

■ 主な特徴

  • 自分のスタイルに合わせて、敵に気づかれないように潜入することも正面突破することもできる、手強いステルスアクションゲーム
  • プレイスタイルをカスタマイズできるように、それぞれ異なる能力、サイボーグパーツ進化、そして才能を持つ3人のプレイヤーキャラクターから選択可能
  • プレイヤーの選択によって変わる反応型のストーリー
  • スタイリッシュなドット絵の環境とキャラクター
  • 雰囲気を演出する音楽を手掛けたのは作曲家のDan Farley

プレイ感:Disjunctionには、それぞれ独自のステルスアクション機構と能力を持った3人のプレイアブルキャラクターがおり、プレイヤーは自分に合ったプレイスタイルを自由に柔軟に選択できる。ド派手な戦闘で遭遇する敵を倒すこともできるし、知恵を絞って陰を縫って進み、注意を逸らす技術と命を奪わない攻撃を駆使して目的を達成することもできる。

拡張:より強力なサイボーグパーツをロック解除し、アップグレードツリーに沿って能力を強化しよう。また、プレイスタイルに合わせたタレントツリーに沿ってステルス能力または攻撃能力を高めよう。アップグレードキットを見つけて潜在能力をフル活用し、殺人者としてなを轟かせるもよし、匿名のままニューヨークの怪しげなアングラ世界に溶け込むもよし。

反応型のストーリー:行動によって形作られていく反応型のストーリーを体験しよう。プレイヤーの事態へのアプローチがニューヨーク市の未来に大きな影響を与える。ある人物を生かすか殺すかで、アングラ世界への波及効果は大きく異なっていく。敵対する一派を壊滅させるか、説得して目的のために協力させるか。自分の運命を決めるのは自分自身だ。

世界観:時は西暦2048年。世界は経済的不況、環境災害、社会不安に見舞われていた。アメリカでは自然資源の枯渇と厳しい気候変動により、大規模な都会化政策が採用され、数百万人のアメリカ人たちが無秩序に広がる鉄鋼とコンクリートの街で新しい生活を始めることを強制されていた。

増大する都市部の人口と市民の間に広がる強烈な不安に押されるように犯罪率が急激に高まり、多くの都市が悪徳と無法に満ちた場所へと変貌を遂げていた。市政府と警察は押し寄せる犯罪の高波を抑制しようと全力を尽くしていたが、重度の堕落と洗練化されていくアメリカの犯罪者たちの前には無力だった。

「Disjunction」
「Disjunction」
「Disjunction」
「Disjunction」
「Disjunction」
「Disjunction」
「Disjunction」
情報元及びイメージ:PlayStation.Blog, Steam, Gematsu

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.