蛮族の部族や文明選択プール機能を含む「シヴィライゼーション VI」の無料アップデートが本日配信

2021年2月26日 16:24 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Sid Meier’s Civilization VI」

先日、新モードや追加機能の概要をまとめた開発アップデート映像をご紹介した「シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI」ですが、本日予定通りFiraxis Gamesが2月分無料アップデートの配信を開始し、新モード“蛮族の部族”や“文明選択プール”機能を実装したことが明らかになりました。

また、アップデートの配信開始に併せて、2Kが新要素の概要を紹介するプレスリリースを発行しています。

参考:先日公開された2月アップデートの日本語字幕入り解説映像

『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』

2021年2月の無料ゲーム・アップデートが本日より配信開始!

本日 Firaxis は、大人気ストラテジーゲーム『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』の、2021年2月のゲーム・アップデートの配信が開始されたことを発表いたしました。

ゲーム・アップデートは『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』ゲーム本編をお持ちの方ならどなたでも無料でご利用可能で、バランスとアップデートに伴う様々な変更に加え、シナリオやゲームモード、カスタム要素などの新機能も追加されます。

今月のアップデートでは、オプションゲームモード「蛮族の部族」*と、新機能「文明選択プール」の他、プレイヤーの皆さまからのご意見に基づいたAI の調整およびバランスの変更が含まれています。

新登場のオプションゲームモード「蛮族の部族」では、プレイヤーと蛮族との関わり方が大きく変化します。

プレイヤーの皆さまからのご意見を取り入れて反映したこのモードでは、通常のゲームプレイでの“やるか・やられるか” という一択を超え、蛮族との関係の幅が大きく広がります。

この新ゲームモードに登場する6つの部族は、居住場所にそれぞれの特徴があり、主力となるユニットの種類も異なります。

部族はターンごとに歩みを進め、最終的には都市国家にたどり着きます。

プレイヤーは、彼らの移動を手助けすることも、妨害することもできます。

部族を滅ぼした場合、その部族の蛮族はこれまでと同じくマップ上から消えます。

一方、「部族の襲撃」を選択すると、ゴールドを獲得し、部族の移動をいくらか遅らせることができます。

部族にお金を渡して自文明の都市への攻撃をやめさせたり、部族を雇って強力な戦闘ユニットを自軍に加えることもできます。

さらには、身代金を払って部族に捕えられた自文明のユニットを解放できます。

そしてもちろん、ゴールドを支払って他文明への攻撃を扇動することもできます。

こうしたゴールドのやり取りをともなう“文明的な”交流は、その部族の都市国家への移動を後押しします。

2月のゲーム・アップデートでは、自然遺産ピッカーや都市国家ピッカーに似た「文明選択プール」が実装されます。

この機能を利用することでプレイヤーは、ゲームに登場する指導者を選んでカスタマイズできます。

トラヤヌス帝が強すぎて手に負えないと感じたことや、まだ対戦したことがない指導者と会ってみたいと思ったことはありませんか?

「文明選択プール」を使えば、可能です!

最後になりましたが、2月のアップデートでは、こちらもプレイヤーの皆さまからのご意見を反映させた、AIの調整やバランス変更も実施されます。多くは航空ユニットと航空戦に関するもので、AIがこれまでより対空防御力の強化を重視し、より頻繁に空爆を実施するようになります。

また、政治体制による政策の違いをより現実に近づけ、予想されるプレイスタイルへの適合性を高めるため、いくつかの政治体制において政策スロットに修正が加わります。

そして、一部の自然遺産については説明文をわかりやすく編集し、効果も見なおしました。

「ドーバーの崖」の効果がゴールド+3、文化力+3、食糧+2になったことは多くのプレイヤーにとって朗報でしょう。

変更内容の詳細については、2月26日(金)のゲーム・アップデート配信後に公開が予定されているパッチノートをご覧ください。

2月のゲーム・アップデートは『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』の全体コンテンツロードマップに含まれている、無料アップデートのひとつですので、ゲーム本編をお持ちの方全員がご利用いただけます。

*ゲームモード「蛮族の部族」は、『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』ゲーム本編をお持ちの方ならどなたでもお楽しみいただけます。

一部のバランス調整は、拡張パック「文明の興亡」や「嵐の訪れ」のコンテンツにのみ適用されます。

Firaxis Games は 2K の開発スタジオです。

2K は Take-Two Interactive Software, Inc.(NASDAQ: TTWO)がすべての株式を保有する同社の販売レーベルです。

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.