「Remedy Entertainment」が“Control”チームの新たな大作を含む5つの未発表プロジェクトを進行中、CEO Tero Virtala氏が報告

2021年3月6日 12:01 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Remedy Entertainment」

スタジオの集大成とも言える傑作“Control”の発売を経て、予てから複数の未発表プロジェクトに取り組んでいるお馴染み「Remedy Entertainment」ですが、新たにスタジオのCEO Tero Virtala氏がGamesIndustryのインタビューに応じ、前述の未発表プロジェクトを含むスタジオの今後に言及。これまでに知られていなかった新作として、“Control”チームが開発を担当する新たな大作の存在が明らかになりました。

  • 現在のRemedy Entertainmentには、5つのタイトルに携わる4つの開発チームが存在している。
  • “Control”チームの新プロジェクト:“Control”チームの一部は、現在も“Control”に従事しており、新たなサービスやプラットフォーム向けの移植を手掛けている。一方で、その他の“Control”チームメンバー、現在スタジオの次期大型タイトルの開発に着手している。今のところ、この大作に関する詳細は不明。
  • Vanguard:第2のチームは、Co-opマルチプレイヤープロジェクト“Vanguard”に取り組んでいる。本作については、これまでにNorthlightエンジンを採用するサービスベースのF2Pマルチプレイヤー作品で、プリプロ段階にあり、数年に及ぶ長期的な運用を想定していることが報じられていた。
  • Epic Gamesと提携した新プロジェクト:2020年3月末にアナウンスされたEpic Gamesとの提携に基づくコンソールとPC向けのプロジェクトで、第3のチームが開発を担当している。うち1本はAAA規模の新作で、もう1つは小規模な作品となる。未だこの2作に関する詳細は不明ながら、現段階でこの2作が同じユニバースを舞台とすることが判明している。
  • Crossfire X/Crossfire HD:最後のチームはSmilegateと提携し、“Crossfire X”及び“Crossfire HD”の両方で用いられるシングルプレイヤーキャンペーンの開発を進めている。
情報元及びイメージ:GameSpot, GamesIndustry

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.