バーチャル世界の犯罪捜査を描くサイバーパンクRPG「Gamedec」の期間限定デモがリリース、新たな解説映像も

2021年6月16日 23:42 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Gamedec」

TRPGに近い非戦闘系の本格的なサイバーパンクRPGとしてアナウンスされ、先日国内向けの日本語ローカライズが決定した期待作「Gamedec」ですが、新たにAnshar StudiosがFuture Games Showの一環として、期間限定のPC版デモをリリースしました。

今回のデモは、超高層都市となったワルシャワの下層エリアLow Cityで発生した殺人事件を捜査するもので、これまでKickstarter後援者向けに提供されていたビルドに新エリアのアクセスを追加した拡張デモとなっています。

今のところ、本デモの配信期間は提示されていませんので、次のDisco Elysiumとも評される注目作が気になっている方は早めにプレイしておいてはいかがでしょうか。

“Gamedec”の事件捜査における自由度の高さを紹介する解説映像
Ansharが公開した拡張デモのプレイスルー解説、ちなみに捜査は失敗に終わっている

ストーリー重視のアイソメトリックなサイバーパンクCRPGとなる“Gamedec”は、従来のビデオゲーム的な戦闘を完全に廃した本格的な推理/推論システム、プレイヤーの行動や選択を詳細に反映するTPRG的なインタラクション、自由度の高い成長システム、道徳的に困難なジレンマを伴うモラル選択、ノンリニアなストーリー分岐とマルチエンディングといった要素を特色としています。

また、22世紀のワルシャワが舞台となる“Gamedec”の世界は、突然変異による環境問題の甚大な悪化によって、人類は要塞化した都市の内部で暮らしており、現実世界における限られた資源の奪い合いから持つ者と持たざる者に分類され、多くの人々が現実世界の恐怖から逃れるために、どんな妄想も叶えることができるバーチャルゲーム世界に身を投じる状況となっていることが報じられていました。

なお、本作の主人公は“Gamedec”の世界に複数存在するバーチャル世界で起こった犯罪やもめ事を専門に扱う私立探偵で、現実の世界とバーチャル世界の両方から様々な事件の解決にあたることになります。

『Gamedec』は、サイバーパンクの世界観で展開されるシングルプレイヤーのアイソメトリックRPG作品です。ゲームでは、プレイヤーは探偵として仮想世界内で発生する犯罪を解決していきます。容疑者や目撃者から情報を集めて頭をフル回転させ、謎を解き明かしましょう。

舞台は22世紀のワルシャワ――ここは、科学技術が発展したあまり、「現実」というものが相対的な存在となり、「生」や「死」という言葉にも様々な意味が帯びるようになった、未来世界。肉欲、怠惰、嫉妬、自尊心……これら人間の本質によって引き起こされる問題が、仮想世界の発展により増加した時代です。このような仮想ゲーム世界の住人たちは、「ゲームデック」と呼ばれる専門家を必要とするようになりました。「ゲームデック」とは、仮想ゲーム世界の秘密を暴き、顧客から報酬を得るためにこの世界の裏で動く仕掛けを解き明かす探偵たちのことです。このゲームであなたも彼らと同じ……「ゲームデック」の一員となるのです。

■ RPG要素

プレイヤーが下す様々な決断を通して登場人物が変化していくという過程に焦点を当てることによって、『Gamedec』ではテーブルトークRPGの本質が再現されています。様々な職業を用いてあらゆる角度から情報を収集し、自分のスタイルに合った方法で捜査を進めていきましょう。コーデックスに収めた情報を使って、仮想世界とその住人たちの驚くべき関係性を暴きましょう。おなじみのテーブルトークRPGのように、一つの解決策を求めるよりも、各状況を様々な角度から見ることが大切です。選択をするのはプレイヤー自身に他なりません。

■ 『Gamedec』の見どころ

  • NPCとコミュニケーションをとり、自分の選択、職業、獲得した知識に応じた様々な会話を行うことで、必要な情報を集めましょう。
  • いくつもの仮想世界を訪れましょう。嘘がはびこる農場のような世界や、暗いサイバーパンク世界からファンタジー世界まで様々な世界が登場します。
  • コーデックスと自分自身の推理力で、隠された真実と事件を解決に導く証拠を見つけ出しましょう。自分自身の倫理、信念、あるいは直感にしたがって、自分自身の答えを決めましょう。
  • 登場人物のキャラクターを作りあげましょう。あなたの行動には、ポジティブな効果とネガティブな効果、どちらの可能性も秘められています。自分のゲームプレイのスタイルに合わせて特徴を選び、キャラクターの印象を自分で決めましょう。自分で決断し、選択し、行動していきながら、独自のゲームデックを作り上げましょう。
  • リアリウムとバーチャリウムの両方で様々なキャラクターに出会いましょう。彼らが敵となるか味方となるかは、あなたの決断で決まります。
情報元及びイメージ:Steam, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.