「Battlefield 2042」のポータルモードは全ての武器に2種類の異なるチューニングを用意、Ripple EffectのJustin Wiebe氏が幾つかの新要素を紹介

2021年7月27日 22:50 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Battlefield 2042」

先日、Caspian BorderとArica Harbor、Valparaisoの進化が確認できる新旧の比較映像をご紹介した「Battlefield 2042」ですが、10月下旬の発売に期待が掛かるなか、ポータルモードの開発を手がけるRipple EffectのボスJustin Wiebe氏がBattlefield Nationのインタビューに応じ、来るポータルモードに関する幾つかのディテールを明らかにしました。

全ての武器に2042向けの最適化とオリジナル(1942/BFBC2/BF3)のクラシックな経験を忠実に再現する2種類のチューニングを用意する取り組みなど、ポータルモードの非常に興味深いディテールは以下からご確認ください。

■ Justin Wiebe氏が明らかにしたポータルモードの新たなディテール

  • ポータルモードに登場する全ての旧作の銃には、2042の武器と競合可能なチューニングに加え、オリジナルの経験を忠実に再現する(過去のデータをそのまま流用するわけではない)2種類のチューニングが用意される。
  • ポータルモードで作成したゲームはパスワードで保護可能。これを共有することでアクセスを制限できる。
  • サーバは、BF5のコミュニティゲームに近い無料サーバ機能を提供する予定。128人プレイヤーサーバの実行は完全に無料となり、全てのプレイヤーが一度に一つのサーバを実行可能(複数起動は不可)。有料レンタルサーバについても積極的に検討が進められているが、最終決定には至っていない。
  • ローンチ時のロジックエディタは2チームかFFAのどちらかが作成でき、3チーム以上を作成する機能は搭載されない予定。ただし、ローンチ後のフィードバックに基づいて拡張される可能性はある。
  • ポータルモードでは、2042のシーズンパスに登場するシーズンコンテンツも利用可能。
  • ローンチ時にランクモードもしくはeスポーツモードに相当するコンテンツを導入する予定はない。こちらもフィードバックに基づき新たな検討が行われる。
  • ロジックエディタを利用した変更をリアルタイムでサーバに適用することはできない。エディタの編集後に保存し、サーバを再度デプロイする必要がある。
参考:Battlefield Nationが公開したJustin Wiebe氏のインタビュー映像
情報元及びイメージ:GameSpot

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopei[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.