人気シリーズ最新作「GRID Legends」は2019年版のネメシスシステムを再び搭載、Codemastersが予告

2021年7月27日 17:16 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「GRID Legends」

先日放送された“EA Play Live 2021”にてアナウンスされ、セックス・エデュケーションのエリック役でお馴染みチュティ・ガトゥを起用する本格的なストーリーモードの搭載が判明した人気シリーズ最新作「GRID Legends」ですが、2022年の発売に期待が掛かるなか、新たにCodemastersのゲームディレクターChris Smith氏がGameSpotのインタビューに応じ、2019年のリブート版に搭載したネメシスステムを最新作に再び導入することが明らかになりました。

2019年版“GRID”のネメシスシステムは、レース中に別のドライバーとの関係が(複数回の接触等により)悪化した場合に“天敵”状態となり、プレイヤーに対して妨害を加える可能性が生じるシステムで、天敵の所属によって行動が変化する要素を特色としていました。

今のところ、“GRID Legends”のネメシスシステムに関する具体的なディテールは不明ですが、Chris Smith氏によると最新作のネメシスは、オンラインとオフラインの両方でより永続的な関係性を構築するよう進化しており、今後オンライン要素のお披露目と併せて詳しい紹介が行われるとのこと。(※ 現段階ではストーリーモードに適用されるかどうかも不明)

また、EA Play Live 2021にて、“Boost”と“Elimination”と呼ばれるゲームモードの搭載が報じられていましたが、Chris Smith氏が新モードの概要について言及しており、“Boost”は電気自動車にフォーカスしたもの、“Elimination”については一定時間毎に数台の車両が最後尾から脱落し、最後に生き残ったドライバーが勝者となるラストマンスタンディング系のモードであることが判明しています。

参考:“GRID Legends”のアナウンストレーラー

コードマスターズとEA Gamesが手掛ける『GRID LEGENDS』は、スリル満点のモータースポーツアクションと、驚くほど多彩なレース、そしてプレイヤーの皆さんを引き込む没入感のあるストーリーを融合させた、手に汗握る予想不能なドライビング体験をお届けします。本日初公開した公式トレーラーにて、四半世紀の伝統と最新機能を兼ね備えたレースゲームシリーズの、新たな章が幕を開けました。

それでは、トレーラーをチェックする前に、これまでの道のりを振り返ってみましょう。

『GRID LEGENDS』 – レースのレガシーの継承…

2008年に『Race Driver: GRID』が高い評価を受けて以来、「GRID」シリーズはサーキットやストリートを舞台に活躍してきました。しかし本シリーズのルーツは、1990年代にまで遡ります。1997年に発売した『TOCA Touring Car Championship』は、印象的なハンドリングとゲームプレイで話題を呼び、2000年代初頭に発売した『TOCA Race Driver』では、さらに一段レベルを引き上げることができました。多彩なレース体験や、ネイサンとライアン・マッケンを中心に展開する魅力的なストーリーは、これまでに発売した4つの「GRID」のゲームの基礎となり、車種、レース種目、ロケーション、オンラインアクション、そして夢中になれるシングルプレイヤーの選択肢を広げました。

この24年間、「GRID」シリーズはさまざまなスタイルで展開してきましたが、どのタイトルでも3つの要素を重視してきました。それは”アクション性の高いレース”、”モータースポーツの多様性”そして”コース内外での、記憶に残るレースストーリーの創造”です。そして『GRID LEGENDS』もまた、これらの要素を忠実に再現しています。本日公開したトレーラーをご覧いただければ、その意味を理解していただけると思います。

ストーリー

『GRID LEGENDS』のストーリーでは、シリーズ初となる革新的なバーチャルプロダクションを使用しています。実在の素晴らしいキャストや見事なセット、スリル満点のゲームプレイが融合することで、これまでにないほどアクションを身近に感じることができるはずです。ストーリーでは、伝説的な「GRID World Series」が今年も開催されるなか、プレイヤーの皆さんはドキュメンタリー番組でスポットライトを浴びることになります。悪名高いRavenwest MotorsportとMcKanesにコース内外での覇権をかけて挑むなか、あらゆる対立から、パドックでの政治、チャンピオンシップの重要な瞬間まで、すべてドキュメンタリー番組に記録されます。

才気あふれるチュティ・ガトゥ(Netflix「セックス・エデュケーション」)をはじめとするワールドクラスのスタッフとキャストがお届けする、この新しい形のストーリーテリングを本作に取り入れられることを、チーム一同、大変嬉しく思っています。コースの外で繰り広げられるドラマを見るだけでなく、コース上での仕事をこなす準備もしておいてください。このユニークなレースストーリーは、プレイヤーの皆さんを巻き込んで展開していきます。

多彩なレース

今回のトレーラーは、ストーリーを中心にご紹介していますが、発売時に登場する車種など『GRID LEGENDS』には、まだまだたくさんの未公開の要素があります。バラエティに富んだレースゲームシリーズの伝統を引き継ぎ、本作では100台以上の車種が登場します――シングルシーターから大型トラック、クラシックなツーリングカーなど、その種類は多種多様です。トレーラーでは、Shelby Cobra 289 FIA、Audi A4 Quattro BTCC、Aston Martin Valkyrie AMR Pro Conceptなど、さまざまなモータースポーツ時代のマシンが登場します。また、ゲームプレイを進めていくと、すべてのマシンがアップグレードできるようになるのですが、これについては、また別の機会にお伝えします。

「GRID」シリーズは、実在するロケーションとユニークな架空のロケーションを組み合わせて、さまざまな場所でレースを行うことに長けており、『GRID LEGENDS』も例外ではありません。実際に本作では、今まで以上に素晴らしいロケーションをご用意しています。

発売時には、インディアナポリスなどの象徴的な実在のコース、サンフランシスコやパリなどの定番コース、モスクワやロンドンなどの新しいロケーションを含む130のルートをご用意しており、トレーラーでも紹介しています。レース専用トラック、高速のオーバルトラック、狭く曲がりくねったストリートなど、『GRID LEGENDS』では、これまで以上に幅広いレースに挑戦できます。

『GRID LEGENDS』レースクリエイター

『GRID LEGENDS』のイベントにおける、車両、クラス、サーキットの組み合わせは非常に豊富ですが、選択肢はそれだけではありません。本作では多くの要望によりドリフトイベントが復活――トレーラーでは、ドリフトチューンされた三菱ランサーエボリューションXが見事なドリフトを決めています。

レースクリエイターツールでは、このような夢のレースイベントを皆さんご自身で作ることができます。シングルシーターと大型トラックを雪のなかで50周走らせることや、複数のGTクラスを雨のなかのブランズ・ハッチで競わせることも可能です! ぜひ、このツールで素晴らしいレースをデザインし、そのイベントをオンラインでシェア、そして世界に挑戦してみましょう。

『GRID LEGENDS』は2022年に発売!

今回ご紹介した内容は、来年発売予定の『GRID LEGENDS』のほんの一部に過ぎません。今後数ヶ月の間に、ストーリーやキャラクター、車種、ロケーション、そしてこれまでにないカスタマイズ可能でソーシャルな「GRID」体験を実現する新機能などをご紹介していきます。それでは、またお会いしましょう。

情報元及びイメージ:GameSpot

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.