ダーク西部劇ファンタジー「Weird West」の本格的な没入型シム要素を紹介する解説映像が公開、DishonoredとPreyの父Raphael Colantonio氏が開発を率いるWolfEye Studiosのデビュー作

2021年8月3日 23:01 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Weird West」

先日、4分半の本格的なプレビュー映像をご紹介した新スタジオ“WolfEye Studios”のデビュー作「Weird West」ですが、今秋の発売に期待が掛かるなか、新たにDevolver Digitalがサンドボックス性の高い本作の本格的な没入型シム要素に焦点を当てるデモンストレーション映像を公開しました。

かつて“Arkane Studios”を設立し、Arx FatalisやDark Messiah of Might and Magic、初代Dishonored、新生Preyのディレクターとしてスタジオの成長と成功を支えたベテランRaphael Colantonio氏が開発を率いる“Weird West”は、ダークファンタジー要素を備えた西部開拓時代が舞台となる見下ろし型のアクションRPGで、奇妙な運命が互いに絡み合う5人の個性的なヒーローをはじめ、文字通りArkane作品的なシミュレーション/サンドボックス要素と多彩なプレイスタイル、3Dと手書きのテクスチャを組み合わせた独創的なビジュアル、メインストーリー以外のコンテンツを自動かつ動的に生成する“Conductor”機能、プレイヤーの行動や選択によるゲーム内環境や状況の永続的な変化といった要素を特色としています。

プレイアブルクラスの1人バウンティハンターの冒頭を展開を軸に、クエストギバーを含むほぼ全てのキャラクターが殺害可能な自由度の高さや柔軟な進行システム、オープンな環境と多数のアプローチを用意したノンリニアな展開、全てがリアルタイムで進行するアクション性の高い戦闘、Divinity: Original Sinに近い炎や水のリアルな物理的シミュレーション、全ての建物に侵入できる探索要素、死体の運搬や隠蔽を含む本格的なステルスなど、ビジュアルの印象とは大きくかけ離れた非常に本格的な没入シム要素と作り込まれた環境が確認できる最新映像は以下からご確認ください。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.