“Nidus Prime”をお披露目する「Warframe」の新たなショーケース配信がアナウンス、放送は8月28日未明

2021年8月24日 11:45 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Warframe」

本日、Digital Extremesが国内向けのプレスリリースを発行し、“Nidus Prime”のお披露目を含む「Warframe」の第156弾開発ライブ配信の実施を予告。日本時間の8月28日(土)午前3時に放送を開始することが明らかになりました。

“Nidus Prime”初のウォークスルーをはじめ、“疫病の星”作戦の復活、Twitchドロップや“新たな大戦”に向けた新コンテンツに焦点を当て、“ナラティブ・リレー”の再放送を含む最新ショーケースのリリース情報は以下からご確認ください。

「Nidus Prime」を中心とした「Warframe」ショーケースを開催

DIGITAL EXTREMES 期待の「Nidus Prime」を中心とした「Warframe」ショーケースを開催、「Tennocon 2021」のインゲーム・リレー・イベントの特別再放送も実施

日本時間8月28日(土)午前3時にTwitchで放送されるDevstream#156 Warframeでは、Nidus Primeの完全な初公開、Plague Starの復活、Twitchドロップ、「新たな大戦」開発の舞台裏など、様々な情報が公開

Digital Extremesは、Warframeのプレイヤー、プレス、コミュニティを対象に、WarframeチームによるDevstreamに招待し、期待のNidus Primeの最初のフルインゲーム ウォークスルーを視聴者に提供します。もうすぐWarframeに登場するNidus Primeは、Tennocon 2021で初めて公開されたNidusのPrimeバージョンで、基本ステータスが増加し、極性スロットが追加されているため、Modのカスタマイズ性が高まり、プレイヤーのビルドが強化されます。Nidus Primeでは、敵からエネルギーを奪うダメージを与える菌類で地面を破壊したり、蔓が噴出する感染ポッドで敵を引き寄せたり、寄生リンクでターゲットと結合してダメージを与えたり、大食漢の虫で近くの敵に群がったりすることができます。

また、今年のTennoLive配信では、同時視聴者数が非常に多かったため、多くのプレイヤーがアクセスできなかったTennocon 2021の大人気イベント「ナラティブ・リレー」の再放送をすべてのプラットフォームで体験することができます。このストレステストの再放送では、Warframeの歴史の中でプレイヤーにとって最も重要で衝撃的なプロットの瞬間を、ガイド付きの没入型フラッシュバックで見ることができ、また伝説的なZariman Ten Zeroやその他のWarframeのシーンの中を振り返ることができます。

今週の開発ショーケースでは、Warframeの人気イベント「疫病の星」作戦の復活も予告されています。これは、プレイヤーが一丸となってエイドロン平原を、はびこった生命体から守り、くじら座へと向かうまでの間に行う、人気の限定イベントです。ト「疫病の星」作戦をさらに盛り上げるために「疫病の星」をさらに爆発的なものにするために、プレイヤーが有毒ではびこるボイルが止められなくなる前に破壊するための新しい武器がストリームで公開されます。

ストリームが終了する前に、視聴者の皆様には、Twitchドロップや開発中のコンテンツの舞台裏をお見せすることが約束されています。チームは、今年後半に発売される「新たな大戦」でセンティエントとの全面戦争に向けて旅を続けます。

最新のアップデート情報を入手するには、 Twitch, YouTube, Twitter, Facebook,InstagramでWarframeをフォロー又はwww.warframe.com/jaをご覧ください。Warframeは、PC(Steam、Epic Games Store)、PlayStation®4およびPlayStation®5、Xbox Series X|S、Xbox One、Nintendo™ Switchにて無料でプレイできます。

Digital Extremesについて

James Schmalzが1993年に設立したDigital Extremesは世界でトップクラスの独立系ビデオゲーム開発スタジオの一つに位置づけられています。Digital Extremesは『Unreal』や『Unreal Tournament』 (そしてその全バージョン) を含む、Epic Gamesの数百万本を売り上げる『Unreal®』フランチャイズ の共同製作から始まり、続いて『Dark Sector®』、PlayStation®3向け『BioShock®』、『 BioShock 2』のマルチプレイヤー・キャンペーン、『The Darkness® II』の開発を行いました。このスタジオは基本料金無料のアクションゲーム『Warframe®』で同社にとって批評面・商業面で最高となる成功に達しPC, PS5™, PS4™, Xbox Series X|S, Xbox One, Nintendo Switch™では6000万人以上の登録ユーザーによるグローバルなコミュニティを誇っています。Extremesに関する詳細については、www.digitalextremes.comにアクセスしてください。『Warframe』に登録するには、www.warframe.com/jaにアクセスしてください。

「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
「Warframe」
情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.