Bohemia Interactiveが新エンジン“Enfusion”を採用するシリーズ最新作「Arma 4」と「Arma Reforger」を正式アナウンス、“Reforger”は本日発売

2022年5月18日 3:08 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Arma Reforger」

昨年末にスタジオの新たな10年を担う最新の内製エンジン“Enfusion”をお披露目し、“Arma”シリーズ最新作への採用を明言していたBohemia Interactiveですが、先ほどBohemiaが“Arma”シリーズの未来に焦点を当てるライブ配信を実施し、待望のナンバリング最新作「Arma 4」と最新作のテスト版に相当する導入用の新作「Arma Reforger」を正式に発表。アナウンスと同時にPCとXbox向けの早期アクセス版“Arma Reforger”の販売を開始したことが明らかになりました。(参考:Steam

“Arma Reforger”は、来る“Arma 4”への架け橋となるサブセット的な新作で、Enfusionエンジンがもたらす新たなゲームプレイやMOD開発、グラフィックスのショーケースを目的とするクリエイティブプラットフォームとして、初代“Arma: Cold War Assault”から10年が経過したエヴェロン島(初代マップのリメイク、広さは51平方km)に加え、2つのゲームモード“コンフリクト”と“ゲームマスター”を導入するほか、EnfusionエンジンのMODツール、Xboxにも対応する独自のMOD用リポジトリサービス“ワークショップ”といった要素を特色としています。

また、“Arma 4”から独立したタイトルとして、1年程度の拡張と運用を予定しているほか、カスタムコンテンツの“Arma 4”用前方互換が実現される予定とのこと。

“Arma 4”と“Arma Reforger”のアナウンストレーラー
“Arma Reforger”と“Enfusion”エンジンのショーケーストレーラー

新しい Enfusion エンジンで起動する『Arma Reforger』では、忠実に再現した冷戦状況下にて 51 km2 を超える美しい島の覇権を巡って戦うか、ゲームマスター監督モードでリアルタイムでユニークなシナリオを作成することができます。全ての始まりとなったヒットゲーム『Arma: Cold War Assault』の戦争に駆り立てられた小国家、エヴェロンに戻りましょう。

『Arma Reforger』は『Arma 4』への第一歩で、今後どんなコンテンツが期待できるかが垣間見える、多様性、創造性に富んだ完全改修可能なプラットフォームです。

エヴェロン

大西洋中央部にあるマルデン諸島の 51 km² の島、エヴェロンに戻りましょう。「 フラッシュポイント作戦」の懐かしい場所を再訪したり、広大なオープンワールドの美しい松林や広葉樹林、せせらぐ川、池、のどかな町、厳しい山々、そしてそれを囲むように伸びる礫浜や岩石海岸など、大自然を楽しむことができます。

コンフリクト

オンラインのプレイヤーに加わり、アメリカ軍またはソ連軍の兵士として臨場感ある冷戦時代のリアルな戦闘を体験しましょう。厳しくダイナミックな環境の中で、目標を達成するために戦略的地点を占拠し、戦場を支配し、他のプレイヤーと協力する必要があります。『Arma Reforger』では、細部まで再現されたその当時の武器や車両を使用してマルチプレイヤーゲームモードに挑戦できます。

ゲームマスター

ゲームマスターでイベントを制御し、ユニークなミッションを作成し、プレイヤーを勝利へと導くか、全能のクリエーターが作り出した挑戦に身を任せ、反応速度が高く、何が起こるか分からないサンドボックスを戦いながら切り抜けましょう。

マルチプラットフォーム

『Arma』シリーズ史上、初めて Xbox と PC の両方でプレイできる『Arma Reforger』の mod 済みコンテンツが全プレイヤーに対して利用可能になり、コンソール所有者はゲーム専用のコンテンツ作成シェアリポジトリであるワークショップからダウンロードすることができます。

マルチプレイヤー

『Arma Reforger』のリアルタイムのシナリオエディターで、ゲームマスターとして戦場の外からフレンドのためにイベントを設置するか、「コンフリクト」の広大な島でチームを組みながら他のプレイヤーと直接対決することができます。

Workbench

Enfusion エンジンを使用しているお陰で、ゲームの制作に用いたのと同じツールを使って『Arma Reforger』を mod で改修することができます。新しいメカニズム、アセット、テクスチャなどが導入されます。あとはあなたのスクリプト力と想像力次第です。ゲームを組み立てなおし、自身の作品を他のプレイヤーに体験してもらいましょう!

ワークショップ

オリジナルの mod 済みコンテンツでゲームを拡張したり、自身のゲームを作ってシェアしましょう!ワークショップは Bohemia Interactive 独自の統合されたリポジトリサービスで、コンソールプレイヤーも PC ユーザーと同じレベルの創造力を発揮することができます。

「Arma Reforger」
「Arma Reforger」
「Arma Reforger」
「Arma Reforger」
「Arma Reforger」
「Arma Reforger」
「Arma Reforger」
情報元及びイメージ:PC Gamer, Steam, GameSpot

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.