「Tony Hawk’s Pro Skater」の3と4リメイクがVicarious Visionsの統廃合によって頓挫、トニー・ホーク本人が報告

2022年6月22日 10:57 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Tony Hawk’s Pro Skater」

2020年にローンチを果たし、非常に高い評価を獲得した人気スケートボードゲームの現世代向けリマスターバンドル“Tony Hawk’s Pro Skater 1 + 2”ですが、新たにトニー・ホークがシリーズのさらなるリメイクについて言及し、先日Blizzard Entertainmentへの統合が完了した名門Vicarious Visions(現:Blizzard Albany)がなんと「Tony Hawk’s Pro Skater 3 + 4」のリメイクを計画していたことが明らかになりました。

これは、andyTHPSのTwitch配信に出演したトニー・ホーク本人が明らかにしたもので、“Tony Hawk’s Pro Skater 1 + 2”発売時にはまだリメイクの計画が存在していたものの、その後Blizzard EntertainmentによるVicarious Visionsの統合が決定したことで、計画そのものが棚上げされたとのこと。

トニー・ホークは、Vicarious Visionsの計画が頓挫した後、別の開発スタジオを探したものの、Vicarious Visionsほど信頼できるスタジオがなく、幾つかあった提案についても納得できず、最終的にリメイクの計画自体が終わってしまったと伝えています。

余談ながら、名門Vicarious Visionsについては、2020年9月に“Tony Hawk’s Pro Skater 1 + 2”のローンチを果たした後、2021年1月にBlizzardへの吸収合併がアナウンスされ、その後“ディアブロ II リザレクテッド”の開発を手がけながら、“Tony Hawk’s Pro Skater 1 + 2”のPS5/Xbox Series X|S/Nintendo Switch版開発を担当していましたが、今年4月中旬に合併が正式に完了。以降、Blizzard Entertainment作品の開発に専念し、スタジオの名称を“Blizzard Albany”に改めたことが知られていました。

情報元及びイメージ:Polygon, PC Gamer

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.